コミックナタリー

西尾維新×中村光の小説「十二大戦」テレビアニメ化!岡本信彦が出演

2688

中村光が装画を手がけた西尾維新の小説「十二大戦」のテレビアニメ化が決定した。

「十二大戦」は「勝ち残った者の願いごとをひとつだけ叶える」という大戦に参加した、十二支の名を背負う12人の戦士によるバトルロイヤルもの。西尾による短編読み切り用の原作ネームを、異なる作家がマンガ化する「大斬―オオギリ―」の一環として中村が執筆した、「どうしても叶えたいたったひとつの願いと割とそうでもない99の願い」の前日譚にあたる物語だ。

放送は2017年を予定しており、アニメーション制作はグラフィニカが担当。12人の戦士のうち、卯の名を背負い「異常に殺す」と言われる、憂城役を岡本信彦が演じることも発表された。なお3月25日、26日に開催されるAnimeJapan2017の2日目には、エイベックス・ピクチャーズブースにて「十二大戦」のステージイベントも実施。アニメのティザーPVや、新情報などが発表される。

「AnimeJapan 2017」アニメ「十二大戦」ステージイベント

日時:2017年3月26日(日)13:20~14:00
会場:東京ビッグサイト 「AnimeJapan 2017」会場内 avexpicturesブース
出演:岡本信彦、浅田貴典(集英社j BOOKS編集長)、松村一人(エイベックス・ピクチャーズ株式会社)

コミックナタリーをフォロー