コミックナタリー

冬目景の時代劇もの「黒鉄」、約15年の時を経てグラジャンで復活

798

「黒鉄・改 KUROGANE-KAI」第1話の見開き扉ページに使用されたイラスト。(c)冬目景/集英社

「黒鉄・改 KUROGANE-KAI」第1話の見開き扉ページに使用されたイラスト。(c)冬目景/集英社

本日2月1日に発売されたグランドジャンプ5号(集英社)にて、過去にモーニング(講談社)にて連載されていた冬目景「黒鉄」が「黒鉄・改 KUROGANE-KAI」のタイトルで新連載としてスタートした。

「黒鉄」は鋼の迅鉄と呼ばれる半身が機械の渡世人と、その相棒で言葉を話す刀・鋼丸のあてのない旅路を描いた時代劇作品。モーニングでは1997年に連載がスタートし、2001年から長らく休載が続いていた。「黒鉄・改 KUROGANE-KAI」の第1話は、迅鉄と鋼丸の秘密を知る無宿の女渡世人・紅雀の丹が、役人を襲う男たちを止めに入る場面から始まる。

コミックナタリーをフォロー