コミックナタリー

「マンガ好きの部屋」をイケアが提案、2日間限定のモデルルーム設置

2494

「マンガ好きの部屋」で、持参したマンガを読む外川礼子。

「マンガ好きの部屋」で、持参したマンガを読む外川礼子。

家具販売店のイケアが「マンガ好きの部屋」をテーマにした、ワンルームのコーディネイトを提案。表参道のZero Base Omotesandoにて、実際に制作した部屋を公開展示するギャラリー企画「IKEA 1R GALLERY」が明日2月27日と28日の2日間限定で開催される。

「マンガ好きの部屋」は、元CHOKi CHOKi GIRLS専属モデル・外川礼子の意見を取り入れて制作された。大収納の本棚を壁際に設置し、ソファに腰掛けながら蔵書を一望できる作りは1人暮らし用ワンルームとは思えない快適さ。外川は「本当にマンガが読みやすい作りになってて、1冊読み終わったら次の巻が座ったまますぐ手に取れちゃうんです。読み始めちゃったら、もう動けない」と、できあがった部屋を堪能していた。モデルルームに並べられた本はサンプルだが、手に持っている西炯子の「カツカレーの日」2巻は、昨日買った私物。「どんどん買っちゃうんで、本棚もすぐいっぱいになっちゃうんですよね(笑)」とはにかみながらも、本に囲まれる暮らしを楽しげに語った。

「マンガは捨てられないけど、部屋もキレイに見せたい」という外川の願いを叶えたのは「IKEA PS 2014 モジュール式収納」。必要な分だけ追加して簡単に拡張でき、縦横の組み合わせや蓋を使い自由にレイアウトできる収納棚だ。ホームファニシングを行ったイケアの担当者は「家具選びは理想と妥協のせめぎ合いになると思います。でも工夫次第で、スペースはいくらでも作れる」と語り、ロフトベッドで縦のスペースを利用し床を空ける方法などを紹介。「マンガ好きの部屋」は、暮らしと趣味を両立させるためのアイデアが詰まった空間になっている。部屋作りに悩むマンガ読みは要チェックだ。

なお「IKEA 1R GALLERY」では「ファッション好きの部屋」「料理好きの部屋」と、計3つのモデルルームを用意。公式サイトでは、各部屋に使用された商品などを紹介する特設ページが公開されている。またIKEAでは、5万円以上の購入で会計が15%オフになる新生活キャンペーンを展開中。

コミックナタリーをフォロー