コミックナタリー

「修羅の刻」昭和編が最終回!川原正敏の次回作は月マガ4月号にて開幕

154

川原正敏による「陸奥圓明流外伝 修羅の刻 昭和編」が、本日1月6日発売の月刊少年マガジン2月号(講談社)にて最終回を迎えた。

「陸奥圓明流外伝 修羅の刻」は代々の陸奥圓明流の使い手が、時代の波にもまれながらも命を賭して戦う様を描く連作シリーズ。不破現、陸奥静流、ケンシン・マエダが登場した「昭和編」は、月刊少年マガジン2015年10月号から連載されていた。今作が収録された単行本16巻は、1月15日に刊行される。

また川原の最新作が3月5日発売の4月号にて開幕することが明らかに。詳細は次号3月号に掲載される川原へのインタビューで語られる予定だ。

なお次号3月号では、「フラジャイル」の原作者・草水敏による最新作「春よ来るな」が始動。マンガは濱崎真代が手がける。さらに八神ひろき「DEAR BOYS」特別編の集中連載もスタートする。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞