コミックナタリー

「TIGER & BUNNY」ハリウッドでの実写化計画始動、総指揮にロン・ハワード

7186

桂正和がキャラクター原案とヒーローデザインを手がけたアニメ「TIGER & BUNNY」の実写映画化に向けたプロジェクトが、ハリウッドで始動した。

これはアメリカにて開催中の、ニューヨーク・コミコン2015にて発表されたもの。製作総指揮は「ダ・ヴィンチ・コード」「ビューティフル・マインド」「アポロ13」などを手がけてきたロン・ハワードが担当する。ロン・ハワードは「尾崎プロデューサーはじめ原作クリエイターの皆さんとは同志だと思っています。世界中で観て頂けるように作品作りを共同でしていきます!」と、「TIGER & BUNNY」シリーズのプロデュースを担当してきた尾崎雅之の名前を挙げ、意気込みを語った。

「TIGER & BUNNY」はNEXTと呼ばれる特殊能力者が、ヒーローとして平和を守る都市を舞台にしたアクション。TVアニメが2011年に放送され、映画版も2本製作された。桂は映画について「実写化ということですごく驚いています。デザイナーとしてヒーロー・スーツがどうなるのかすごく楽しみです!」とコメントを寄せている。

桂正和コメント

実写化ということですごく驚いています。デザイナーとしてヒーロー・スーツがどうなるのかすごく楽しみです!

ロン・ハワードコメント

BN Picturesと、ANEWとともに『TIGER & BUNNY』をプロデュースすることを、最高に嬉しく思います。ANEWから本作の提案を受けた時、即座にコンセプトに惹かれました。斬新で、日本でも大きな成功を収めた作品であり、これほどユニークで力強い要素が多く盛り込まれた素晴らしいバディ作品は見たことがありません。タイガーとバーナビーの人物像は非常に奥が深くダイナミックで、心理的に複雑に絡み合った関係性を持っています。彼らを全世界の映画ファンに知ってもらうことに一役買えることを光栄に思います。

さとうけいいち(TVシリーズ監督)コメント

とてもワクワクしています。ロン・ハワードの『TIGER & BUNNY』僕も楽しみにしています。

米たにヨシトモ(劇場版監督)コメント

日本で愛された『TIGER & BUNNY』が世界でもっともっと愛されると嬉しいです。

西田征史(シリーズ構成・ストーリーディレクター)コメント

ファンの皆さんと育てた作品がどう生まれ変わっていくのか楽しみです。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞