コミックナタリー

「世界から猫が消えたなら」マンガ版、花とゆめで移籍連載

113

雪野下ろせの新連載「世界から猫が消えたなら」が、本日12月20日に発売された花とゆめ2015年2号(白泉社)にてスタートした。

「世界から猫が消えたなら」は川村元気による同名小説のコミカライズ版。余命宣告を受けた新聞配達員に、「世界から何かを消せば1日命を延ばす」と悪魔が持ちかける。これまで花とゆめ文系少女(白泉社)にて発表されており、今号では単行本1巻の続きから掲載。原作小説は佐藤健、宮崎あおい出演による実写映画化も決定している。

このほか今号には、福山リョウコがデザインした「覆面系ノイズ」のリボンゴムも付属。師走ゆき「高嶺と花」は本格連載として始動した。

コミックナタリーをフォロー