コミックナタリー

「攻殻機動隊」25周年!電子版刊行や原画展の開催決定

639

士郎正宗「攻殻機動隊」が生誕から25周年を迎えることを記念し、原作の電子書籍版刊行などさまざまな企画が始動する。本日3月12日にオープンした特設サイトには、士郎正宗がコメントを寄せた。

1989年にヤングマガジン海賊版(講談社)にて連載をスタートした「攻殻機動隊」。25周年企画では、「攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL」の電子書籍が6月20日に配信されることが決定した。また同じく6月20日に、関連シリーズの最新刊も刊行。藤咲淳一脚本による大山タクミ「攻殻機動隊ARISE ~Sleepless Eye 眠らない眼の男~」3巻、衣谷遊「攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX ~The Laughing Man~」1巻、櫻井圭記プロットによる山本マサユキ「攻殻機動隊S.A.C. タチコマなヒビ」6、7巻が同時に発売される。

さらに「攻殻機動隊」25周年の歴史を原画や設定イラストで振り返る大原画展や、「攻殻機動隊ARISE」の音楽イベントも開催決定。詳細は今後発表されていく。

なお映画「攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears」は6月28日に公開。これに先駆け3月28日にTOHOシネマズ日本橋では、「攻殻機動隊ARISE border:less project」の完成記念プレミアレビューを開催する。これは「攻殻機動隊ARISE」の世界観をイメージしたショートフィルム5本を、ジャンルを超えたクリエイターたちが制作するというプロジェクトだ。

士郎正宗コメント

これまで「攻殻機動隊」を育てて下さった関係者&読者諸氏の皆様、いつも感謝しております、有り難うございます。 よくこんな「読みづらいマイナー系の非文芸型マンガ」が25年も生き続けられたなと、ひとえに出版社をはじめアニメやゲーム や映画やコミカライズ関係者の努力の賜物であろうと思っております。連載継続していたわけではないから25周年というのも少し変ですがまあ一つの節目という事でご容赦を(笑)。

コミックナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】
  • コミックナタリー大賞