ナタリー PowerPush - m-flo

5年ぶりオリジナルアルバム「SQUARE ONE」

Perfumeのファンはm-floを好きになる

──お話を伺っていると、かしゆかさんのm-floへの愛がよくわかります。

やっぱり子供の頃からずっと聴いてますからね。でも今の私たちより若い世代の人たちって、m-floのことをどう認識してるんですかね? 10代の人とか。

──VERBALさんにその質問をしたら、アルバムも5年ぶりだし「m-floってK-POPのパクリだと思われてるかもね」って言ってましたよ(笑)。

やだ! 怖いですね、時代って(笑) 。

──Perfumeのファンでも、m-floをよく知らないという人もいるでしょうしね。

そうかも。「こんなにいい音楽があるのに!」って思いますけどね。

──だから、ここでかしゆかさんがm-floをレコメンドしたことがきっかけで、新たなm-floファンが生まれるかもしれません。

そうですかね。でもみんなに好きになってほしい! Perfumeのファンの人は多分好きになると思います。それに「SQUARE ONE」にとどまらず昔のアルバムもさかのぼって聴いてほしいです。私、今回この取材を受ける前に、昔をさかのぼってみたんですよ。もうたまらなかったですね。キュンキュンしちゃいました(笑)。

カッコいいものを自分たちのライブに取り入れたい

──ところで、m-floとPerfumeの音楽的な共通点はどこだと思いますか?

そうですねぇ。歌詞を前面に押すんじゃなく音として捉えて、響きを重視してるところとか。聴いてるこっちが気持ちよくなるように作られてるっていうのはすごく感じます。Perfumeの曲も中田(ヤスタカ)さんが、女の子が歌ってかわいくなる発音のものを選んだりしてるんですよね。この言葉がこの音と重なると気持ちいいみたいなのがあって。そういうのが共通点かな。

──あと2組とも幅広い人に聴かれることを意識して作られていますよね。超ブッ飛んでて、わかる人にだけわかればいいという感じではなくて。

うん、確かにそのジャンルの中だけでやってるっていうよりは、その世界の入門編みたいな感じはしますね。エレクトロとかテクノを聴き始める入り口っていうか。でもただ軽いだけじゃない独特な立ち位置ですよね。だからダブステップとか知らない人がそういう音楽を聴くきっかけになったらうれしいです。

──かしゆかさんもダブステップは好きなんですか?

好きですね。最近また好きになってる。

──お気に入りのアーティストはいますか?

今はSKRILLEXを聴いてますね。もともとハードコアバンドをやってた人で、確か私と同い年くらいなんですよ。ハードコアとエレクトロの間みたいな感じでダブステップをやってるんですけど。あとジェイムス・ブレイクとかMODESELEKTORとかも好きですね。

──ほかのアーティストの音楽を聴きながら、Perfumeのステージの参考にしたいと思うこともありますか?

そんなに全部が全部勉強と思って聴いてるわけじゃないし、自分が聴いてて楽しいっていうのが一番なんですけど、聴いてるうちに「こういうのをPerfumeでやったらどうなるんだろう」とか思うことはありますね。私たちも今「JPN」のツアーでプロジェクションマッピングを使ってるんですけど、SKRILLEXのライブのプロジェクションマッピングがすごくカッコよくて。マッピングしてる人は誰なんだろうっていうのが気になったり。この前YouTubeで観たクリス・ブラウンのマッピングも動きがあってすごかったし。カッコいいと思ったものは自分たちのライブにどうにか取り入れられないかっていうのは考えます。

中田さんが熱く語っててびっくりした

──かしゆかさんは、m-floのライブやイベントにはよく行くんですか?

去年のm-floの「BONENKAI」(2011年12月22日 /ageHa)は行きました。DJブースが全面LEDで、すごくカッコよかったです。あのタイミングでもう「SQUARE ONE」の曲をやってることにもびっくりしたし(笑)。

──その模様はCD+DVD盤のDVDに収録されてますね。

あ、入ってるんだ! 観たーい!

──当日行けなかった人にとっても貴重な映像ですよね。

みんなに観てほしいですね。そのときに中田さんと話してたんですけど、5年ぶりに出すアルバムで、m-floとして久しぶりの活動なのに、これだけ人気が衰えず、お客さんがちゃんと盛り上がれるってすごいよねって。時代にとらわれずに、自分たちのスタイルをちゃんと持ってるっていうのはすごくカッコいいことだよねって、中田さんがめっちゃ熱く語ってて、びっくりしました。

──あはは(笑)。

中田さんも多分m-flo好きなんだと思います。

──作り手として、シンパシーを感じるところもあるでしょうしね。

やっぱりすごいですよね。だってm-floの曲はみんなが歌えるんだもん。

──流行ってるから当時ちょっと聴いてたとかじゃなく、m-floの音楽を自分にとって大事なものだと感じてる人が多いんでしょうね。

やっぱり曲にはその当時の自分の思い出が乗りますからね。曲を聴くと、そのときの気持ちとかもよみがえってくるし。そういう意味でも音楽ってすごく素敵だなって思います。ただの音じゃなくって、自分の記憶をまとめてとっておけるものでもあるから。

m-floの人気の秘密

──かしゆかさんから見て、m-floの人気の秘密はどこにあると思います?

うーん、こびてないところじゃないですかね、時代に。こんなこと私が言っていいのかな(笑)。でも流行を見て動いてるっていうよりは、今自分たちがするべきこと、自分たちだからこそできることをすごく考えて動いてるって思う。誰かの真似をしたり、追いかけたりとかじゃなくって、ずっと変わらないスタンスで、m-floらしい活動をしていて。それをずっと貫き通せるっていうのは強みですよね。すごくカッコいいことだと思います。やっぱり長くやってると、恐怖心も出てくると思うから。

──恐怖心?

うまくいけばいくほど失敗することが怖くなるし、忘れられていくことが怖くなる世界だと思う。でも、m-floはそういうのを気にしないで、それよりももっと前を見て、やるべきことを考えてるように見えるんですよね。

──でも、Perfumeも時代にこびずに活動しているように感じます。

本当ですか? でも私たちはm-floよりはお客さんと接する部分が多いから、時代っていうか、何が流行ってるか、お客さんが今何を求めてるかはすごく気にしてますね。例えば自分たちがライブをするなら、今回のツアーは2年半ぶりだから2年半の間にファンになってくれた人のためにもっとわかりやすくしたほうがいいんじゃないかとか。でもそっちばっかりに偏ったら昔から来てくれてる人がつまらなくなっちゃうとか。この前「GO!FES」に出たんですけど、「GO!FES」は普通の夏フェスよりも初めての人が多くって、でもフェスっぽさを感じたい人も多いから……とか、そういうことはすごく考えてます、いつも。

──なるほど。

でもm-floは私たち以上に先を見て、いろんなことを考えてると思うんです。考えてるけど、それで迷ったりしないし、考えてるのを見せない。それでいて自分たち自身のあるべき姿やスタイルをちゃんと保ててる。それは本当にすごいことだと思います。

ニューアルバム「SQUARE ONE」/ 2012年3月14日発売 / rhythm zone

  • ニューアルバム「SQUARE ONE」/ 2012年3月14日発売 / rhythm zone
  • [CD+DVD] 3990円(税込)/ RZCD-59030/B / Amazon.co.jpへ
  • [CD] 3150円(税込)/ RZCD-59031 / Amazon.co.jpへ
CD収録曲
  1. □ [sayonara_2012]
  2. Perfect Place
  3. ALIVE
  4. □ [frozen_space_project]
  5. Never Needed You
  6. Oh Baby
  7. □ [square1_scene_1_
    murder_he_wrote]
  8. Don't Stop Me Now
  9. All I Want Is You
  10. Acid 02
  11. Call Me
  12. □ [ok_i_called]
  13. Sure Shot Ricky
  14. RUN
  15. □ [square1_scene_2_
    don't_blink]
  16. So Mama I'd Love To Catch Up, OK?
  17. She's So (Outta Control)
  18. Yesterday
  19. □ [to_be_continued...]

試聴はこちら

DVD収録内容(※CD+DVD盤のみ)
  1. She's So (Outta Control) [4'38"]
  2. All I Want Is You [5'13"]
  3. ALIVE [4'49"]
  4. Live at “m-flo presents BŌNENKAI 2011”(TCY Snippet Edit) [18'53"]

m-flo(えむふろう)

MCのVERBALとDJの☆Takuからなるプロデュースユニット。1998年、インディーズを経てrhythm zoneからメジャーデビュー。当時は紅一点のメインボーカル・LISAを含むトリオ編成だったが、2002年にソロ転向を理由にLISAが脱退。2003年以降は各曲ごとにゲストシンガーを招く“loves”プロジェクトをスタートさせ、Crystal Kay、坂本龍一、BoA、安室奈美恵など計41組のアーティストをフィーチャーして、後のコラボブームの先駆けとなった。2009年にはデビュー10周年を記念し、ベストアルバム「MF10 -10th ANNIVERSARY BEST-」やトリビュートアルバム「m-flo TRIBUTE ~maison de m-flo~」をリリースしたほか、国立代々木競技場第一体育館にてスペシャルライブを開催。その後しばらくソロ活動が中心となり、2012年3月に約5年ぶりのオリジナルアルバム「SQUARE ONE」をリリースした。

かしゆか(樫野有香)

1988年広島県出身。あ~ちゃん(西脇綾香)、のっち(大本彩乃)とともにPerfumeのメンバーとして活動する。2005年9月にシングル「リニアモーターガール」でメジャーデビュー。以後、幅広い活躍で多くのファンの支持を得る。2011年3月に発表した4thアルバム「JPN」はオリコンウィークリーチャート1位を獲得。2012年4月にニューシングル「Spring of Life」をリリースする。