ナタリー PowerPush - m-flo

5年ぶりオリジナルアルバム「SQUARE ONE」

history of m-flo 1998-2012

1998年10月にシングル「The Way We Were」でCDデビューし、今年、デビュー14年目となるm-flo。その活動期間は、クラブミュージックをJ-POPシーンに持ち込み、確固たる地位を築いたLISA在籍時代、総勢41組のアーティストとコラボレーションを繰り広げた“loves”プロジェクト時代、VERBALと☆Takuの2人が音楽界をも飛び出して個々の活動を展開した近年と、大きく3期に分けられる。

このページでは、m-floの軌跡を年代別にトピックで分けて紹介。彼らの残してきた功績や、常に新しいものを追い求める姿勢を改めて確認してほしい。

文 / 鳴田麻未

1998年~2002年

LISA+VERBAL+☆Taku

アーティスト写真

1998年、元々☆TakuとVERBALの2人によるユニットだったm-floは、rhythm zoneのインディーズレーベル・Rhythm REPUBLICより初のCD音源「The Way We Were」をリリース。その後LISAがボーカルとして加入し、女性ボーカリスト+男性MC+DJという3人形態になって「been so long」を含むシングル「the tripod e.p.」でメジャーシーンに進出する。

当時のm-floの武器は、☆Takuのスタイリッシュなトラックやサンプリングセンス、日本語と英語を自在に操るVERBALのラップ、女の子の甘酸っぱい思いを歌うLISAの柔和なボーカル。まさに三位一体といえるこのユニットを、彼らは“the tripod”(3本の柱)と表現した。

宇宙的ユニット

「ASTROMANTIC」画像

2000年2月、1stアルバム「Planet Shining」を発表。17曲中6曲のインタールードでは、ナレーションを交えて「2012年、宇宙船“グローバルアストロライナー号”で宇宙旅行に出かける」というストーリーが展開され、m-floのスペイシーな世界観を提示した。以降、m-floは今日に至るまで一貫して「宇宙」をキーワードに作品作りを行っており、“グローバルアストロライナー号”をはじめとする独自の造語も、アルバムのストーリーテリングや歌詞の中にたびたび登場している。

LISAの脱退

1999年から2001年にかけて、m-floは「L.O.T. (Love Or Truth)」「Hands」「Come Back To Me ~reviens moi~」「How You Like Me Now?」「come again」「orbit-3」「prism」など数々のヒットシングルをリリースした。そして2002年4月、LISAがソロ活動に専念するため脱退。2人体制となったm-floは、しばしメンバー個々の活動中心にシフトする。☆Takuは日之内絵美のプロデュースやCrystal Kayへの楽曲提供、映画「模倣犯」のテーマ曲を手がけ、VERBALは安室奈美恵、SUITE CHIC、嶋野百恵、倖田來未、中島美嘉、SPHERE of INFLUENCEらの楽曲に客演で参加した。

データで見るm-flo

「come again」画像

m-floシングル売上ランキング in 1998~2002
1位:come again(2001年1月17日発売)
2位:How You Like Me Now?(2000年9月6日発売)
3位:the tripod e.p.(1999年7月7日発売)
4位:L.O.T. (Love Or Truth)(1999年11月25日発売)
5位:orbit-3(2001年3月14日発売)
※オリコン調べ

2003年~2008年

lovesプロジェクト始動「ASTROMANTIC」

「ASTROMANTIC」画像

2003年春、m-floは再始動とともに誰もが驚くプロジェクトを始めた。それは、毎回異なるアーティストとのコラボで曲を制作する“loves”という新しいスタイル。第1弾はCrystal Kayを“loves”した「REEEWIND!」だった。その後、m-flo loves melody.&山本領平名義によるシングル「miss you」、m-flo loves BoA名義のシングル「the Love Bug」が、いずれもヒットを記録。当時無名のアーティストや若い才能がlovesプロジェクトでm-floと共演することで、自身のブレイクにつながるケースもあった。

そして2004年5月、lovesシリーズ初のアルバム「ASTROMANTIC」が完成。既発ラインナップに加え、Dragon Ash、CHEMISTRY、DOUBLE、坂本龍一、野宮真貴、クレイジーケンバンドなど多彩な実力派アーティストが参加した、まさにm-floにしか成し得ない夢の1枚となった。

<参加アーティスト>
melody. / 山本領平 / AI / 日之内絵美 / Rum(Heartsdales) / Bloodest Saxophone / Dragon Ash / Crystal Kay / CHEMISTRY / BoA / DOUBLE / TOKU / 坂本龍一 / 野宮真貴 / クレイジーケンバンド / BOY-KEN / BLACK BOTTOM BRASS BAND

m-floファミリー誕生「BEAT SPACE NINE」

「BEAT SPACE NINE」画像

2005年8月にリリースされた、lovesシリーズ第2弾アルバム「BEAT SPACE NINE」。本作のトピックは、EMYLIやYOSHIKAをアルバム中に複数回起用してゲストの常連=m-floファミリーを作り出したことと、元メンバーのLISAを“loves”したことだろう。また、アルバムリリース後の全国ツアーでは、m-floにとって初の日本武道館ライブが実現。年末にはm-flo loves Akiko Wadaとして「第56回 NHK紅白歌合戦」への出場も果たし、その認知度と人気はさらに増していった。

<参加アーティスト>
BENNIE K / EMYLI / YOSHIKA / Sowelu / WHEE SUNG / 加藤ミリヤ / Monday満ちる / Diggy-MO'(SOUL'd OUT) / カヒミ・カリィ / Rie fu / 和田アキ子 / LISA

最終章「COSMICOLOR」と一夜限りの豪華ライブ

「COSMICOLOR」画像

m-flo loves 日之内エミ&Ryohei「Summer Time Love」がマルイのCMソングとして大量オンエアされたり、m-flo loves DOPING PANDA「She loves the CREAM」ではアニメ作品「Amazing Nuts!」とのタイアップで特別バージョンが制作されたりと、高い注目度を保ち続ける中、☆TakuとVERBALはlovesプロジェクトの終結を宣言。最終章と銘打たれた「COSMICOLOR」には、安室奈美恵やCharaなどひときわ豪華な面々が参加した。 2009年7月には、総勢17組のゲストが登場するライブを横浜アリーナで開催。lovesシリーズの集大成ともいえる最高の盛り上がりで、一大プロジェクトは幕を閉じる。

<参加アーティスト>
Crystal Kay / 安室奈美恵 / melody. / 日之内エミ / Ryohei / 倖田來未 / MONKEY MAJIK / DOPING PANDA / Alex(CLAZZIQUAI PROJECT) / BONNIE PINK / Chan / THAITANIUM / エディソン・チャン / MINMI / Chara

「m-flo TOUR 2007 COSMICOLOR @ YOKOHAMA ARENA」フォトギャラリー

ライブフォトライブフォトライブフォトライブフォトライブフォトライブフォトライブフォトライブフォトライブフォトライブフォト

2009年~2012年

ソロ本格化~メジャーデビュー10周年

lovesプロジェクトに区切りを付けた☆TakuとVERBALはそれぞれソロ活動に注力。その期間中である2009年秋、m-floはメジャーデビュー10周年を迎える。当時はこれを記念してトリビュートアルバム「m-flo TRIBUTE ~maison de m-flo~」とベストアルバム「MF10 -10th ANNIVERSARY BEST-」がリリースされ、国立代々木競技場第一体育館で2日間にわたり豪華ゲストを集めたスペシャルライブが行われた。 またこの頃から、年末にageHaでm-flo主催パーティを実施するのが恒例に。FPM、DEXPISTOLS、中田ヤスタカ(capsule)などがゲストとして登場し、ここでm-floの最新トラックが初披露されることもあった。

VERBALはマルチな能力フル活用

インタビュー写真

かねてよりMC、DJ、プロデューサー、ジュエリーデザイナーとして、その才能をいかんなく発揮していたVERBAL。2009年以降はBoA、HALCALI、ICONIQ、MINMI、加藤ミリヤ、AILIらさまざまなアーティストの楽曲にゲスト参加したほか、積極的にクラブイベントに出演してDJ活動も活発化させた。さらにテレビ朝日「さきっちょ☆」のレギュラーMCを務め、東日本大震災発生を受け制作されたACジャパンの臨時キャンペーンCM「日本の力を、信じてる」に出演するなど、タレント活動も絶えず行っている。このマルチな活動の1つひとつをきっかけにm-floを知り、ファンになったリスナーも少なくないだろう。

「VISIONAIR」画像

2011年3月には、初のソロアルバム「VISIONAIR」をリリース。この作品にはVERBALの幅広い人脈が集約され、リル・ウェインや安室奈美恵、大沢伸一、新人のSHUNYAなどが参加した。

☆Takuはクラブシーンの興隆に尽力

インタビュー写真

☆Takuは自身のレギュラーパーティ「Tachytelic」を発展させ、2010年6月に主宰レーベル「TCY Recordings」を発足。今も国内外の若手クリエイターが、データ配信で世界に向け音源を発信している。さらに2011年11月11日には、☆Takuが提唱するダンスミュージック専門のWEBラジオ局「Block.FM」が開局。彼は、クラブミュージックと良質なポップスの融合を図った時代を経て、国内外のDJとともにクラブミュージック自体を盛り上げたいという指針を持ったようだ。

「AFTER 5 VOL.1」画像

そしてVERBALのソロアルバムと時を同じくして、☆Takuもソロプロジェクト「THE SUITBOYS」名義でミックスCD「AFTER 5 VOL.1」をリリースする。こちらにはエレクトロ、ドラムンベース、ダブステップを中心とした世界基準のフロアチューンに加え、☆Takuのプロデュース&リミックス楽曲、THE SUITBOYSとしての新録トラックなど全38曲が収録された。

「m-flo inside」シリーズ

メンバーの客演ナンバーやコラボ曲、プロデュースワークを集めた“ソトシゴト集”。2作目、3作目、4作目のDISC 2はいずれもミックスCDになっており、このアルバムのためにアーティストが参加したスキットも聴きどころのひとつ。

ジャケット画像ジャケット画像ジャケット画像ジャケット画像

ニューアルバム「SQUARE ONE」/ 2012年3月14日発売 / rhythm zone

  • ニューアルバム「SQUARE ONE」/ 2012年3月14日発売 / rhythm zone
  • [CD+DVD] 3990円(税込)/ RZCD-59030/B / Amazon.co.jpへ
  • [CD] 3150円(税込)/ RZCD-59031 / Amazon.co.jpへ
CD収録曲
  1. □ [sayonara_2012]
  2. Perfect Place
  3. ALIVE
  4. □ [frozen_space_project]
  5. Never Needed You
  6. Oh Baby
  7. □ [square1_scene_1_
    murder_he_wrote]
  8. Don't Stop Me Now
  9. All I Want Is You
  10. Acid 02
  11. Call Me
  12. □ [ok_i_called]
  13. Sure Shot Ricky
  14. RUN
  15. □ [square1_scene_2_
    don't_blink]
  16. So Mama I'd Love To Catch Up, OK?
  17. She's So (Outta Control)
  18. Yesterday
  19. □ [to_be_continued...]

試聴はこちら

DVD収録内容(※CD+DVD盤のみ)
  1. She's So (Outta Control) [4'38"]
  2. All I Want Is You [5'13"]
  3. ALIVE [4'49"]
  4. Live at “m-flo presents BŌNENKAI 2011”(TCY Snippet Edit) [18'53"]

m-flo(えむふろう)

MCのVERBALとDJの☆Takuからなるプロデュースユニット。1998年、インディーズを経てrhythm zoneからメジャーデビュー。当時は紅一点のメインボーカル・LISAを含むトリオ編成だったが、2002年にソロ転向を理由にLISAが脱退。2003年以降は各曲ごとにゲストシンガーを招く“loves”プロジェクトをスタートさせ、Crystal Kay、坂本龍一、BoA、安室奈美恵など計41組のアーティストをフィーチャーして、後のコラボブームの先駆けとなった。2009年にはデビュー10周年を記念し、ベストアルバム「MF10 -10th ANNIVERSARY BEST-」やトリビュートアルバム「m-flo TRIBUTE ~maison de m-flo~」をリリースしたほか、国立代々木競技場第一体育館にてスペシャルライブを開催。その後しばらくソロ活動が中心となり、2012年3月に約5年ぶりのオリジナルアルバム「SQUARE ONE」をリリースした。