Amazonビデオ ミニシアター PR

Amazonビデオ ミニシアター特集 Base Ball Bear小出祐介が語る「バンド・エイド」|女性は共感、男性は勉強できる夫婦コメディ

女性は共感、男性は勉強できる映画

──「バンド・エイド」には音楽映画の側面もあります。アナたちが組むバンド、The Dirty Dishes(ザ・汚い皿)の演奏の下手さが絶妙ですよね。劇中曲は実際に俳優たちが演奏しているのですが、ゾーイは楽器経験がなく、本作のためにベースのレッスンを5カ月ほど受けたそうです。

確かに、始めて5カ月ぐらいっぽい演奏でした。こういうヘタウマな感じってやろうと思ってもなかなか再現できないんですけど、本当に初心者だったんですね。

──特にお気に入りの曲はありますか?

一番最初にガレージで3人で演奏する曲です。

──「I Don’t Wanna Fuck You」ですね。サビの歌詞が「あなた(君)を愛してる でもヤるのだけは勘弁」という(笑)。ここでドラマーのデイヴがアナとベンに「本当に美しい歌だ」と言いつつ「まったく共感はできない。僕は誰とでもヤりたいからね」と続けるくだりがユーモラスですが、彼についてはどんな感想を持たれましたか?

「バンド・エイド」より、ベン(左)、デイヴ(中央)、アナ(右)。

デイヴは変わり者ですけど、センシティブな問題を抱えていますよね。なのに、アナとベンは最初、彼のことをサイコパスみたいに見てる。「地下に女を監禁してる」「引っ越そう」とか言って、この夫婦は本当に口が悪いなと思いました(笑)。

──そのデイヴを欠いた状態でアナとベンは初ライブに臨み、散々な結果を迎えます。小出さんがバンドで経験した大きな失敗を教えていただけますか?

そんなの腐るほどあると思いますけど、パッと思いつくのは、インディーズ時代の1st「夕方ジェネレーション」を出してすぐくらいのライブですかね。「つよがり少女」という曲のイントロで4小節、僕のギターだけになるパートがあるんです。そのあとすぐAメロに入るんですけど、僕のギターだけになったタイミングで、ベースの関根がコケて。

──コケたというのは、文字通り……。

すっ転んだんです。当時、関根は裸足でライブしてたんですね。変わった人ぶって(笑)。そのせいで滑って尻餅ついたんです。そのときの関根のだらしない姿勢と、「へへ、すいやせん」みたいな顔にめちゃめちゃ腹立って(笑)。それ以来、靴を履くようになりましたけどね(笑)。いまだにこの話はしますね。

──(笑)。最後の質問です。この映画をどんな方にオススメしたいと思いますか?

小出祐介

「はじまりのうた」や「シング・ストリート 未来へのうた」といったジョン・カーニーの作品みたいに、劇中で登場人物が音楽を作るような映画が好きな方は気に入るんじゃないでしょうか。それから、女性は「男って本当にこうだよね、わかるわかる」と共感できるだろうし、男性は「女の人ってこんなふうに考えるんだ」ということがわかって勉強になると思いますよ。

新作レンタル、日本初公開作品の鑑賞が可能!
プライム・ビデオ対象作品も見放題なAmazonビデオの魅力を紹介

イラスト / 松崎りえこ

「Amazonビデオ ミニシアター」とは

  • 新作レンタルが可能!

    パソコン、スマートフォン、テレビなどのデバイスで時間や場所を選ばず鑑賞できる。返却は不要で延滞料金もなし。

    ※レンタル配信期間は作品ごとに異なる。

  • ここでしか観られない日本初公開の話題作が期間限定で登場!

    日本初公開となる良質な話題作が、国内はAmazonビデオ限定で続々と公開される。

  • Amazonプライム会員ならプライム・ビデオ対象作品が見放題!

    人気ドラマや映画、バラエティ番組、Amazonオリジナルコンテンツの視聴ができる。

関連特集
Amazonビデオ ミニシアター特集 アン・リー監督作「ビリー・リンの永遠の一日」
Amazonビデオ ミニシアター特集 藤谷文子主演「Man from Reno」
Amazonビデオ ミニシアター「バンド・エイド」
2017年11月29日(水)~12月26日(火)配信
Amazonビデオ ミニシアター「バンド・エイド」
スタッフ

監督・脚本・製作:ゾーイ・リスター=ジョーンズ

キャスト

アナ:ゾーイ・リスター=ジョーンズ
ベン:アダム・パリー
デイヴ:フレッド・アーミセン

あらすじ

ドライバーのアルバイトで家計を支える妻アナと、グラフィックデザイナーではあるもののほとんど働きもしない夫ベン。日々いさかいの絶えない2人はひょんなことからベースとギターを手にし、たまったフラストレーションを曲にして吐き出すことにする。口喧嘩で相手への不満をぶつけ合うばかりだった夫婦の関係は徐々に好転。変わり者の隣人デイヴをドラマーとして迎え入れたアナとベンは、初めてのライブに挑戦することになるのだが……。

小出祐介(コイデユウスケ)
1984年12月9日生まれ、東京都出身。2001年にロックバンド・Base Ball Bearを結成し、高校在学中から東京都内のライブハウスを中心に活動を始める。2006年4月にミニアルバム「GIRL FRIEND」でメジャーデビューを果たし、2010年1月には初の東京・日本武道館単独公演を成功に収めた。作詞・作曲家としても活動し、アイドルネッサンス、アップアップガールズ(仮)、東京女子流、チームしゃちほこ、南波志帆、山下智久、KinKi Kidsら多数のアーティストに楽曲を提供している。2017年4月には、Base Ball Bearとしてアルバム「光源」をリリース。12月30日には「rockin'on presents COUNTDOWN JAPAN 17/18」に出演する。映画好きとしても知られ、ミュージシャン仲間とともに映画を観るWeb連載も持つ。