山田洋次「圧倒される」、銛1本で挑むインドネシアのクジラ漁追うドキュメンタリー

77

インドネシアのクジラ漁を捉えたドキュメンタリー「くじらびと」が、9月3日より東京・新宿ピカデリーほか全国で公開決定。ポスタービジュアルが到着した。

「くじらびと」ポスタービジュアル

「くじらびと」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

「くじらびと」

「くじらびと」[拡大]

インドネシア・ラマレラ村を舞台に、手作りの舟と銛1本でマッコウクジラに挑んでいく人々を追った本作。生と死が拮抗する漁で得た獲物は村人の命を支え、彼らは400年もの間、自然に感謝しながら共生してきた。「世界でいちばん美しい村」で知られる写真家・映画監督の石川梵は、ライフワークとしてラマレラ村の人々を30年間にわたって記録。そして本作では、2017年から2019年までの3年間に撮影した映像を、1本のドキュメンタリーにまとめ上げた。

「くじらびと」

「くじらびと」[拡大]

本編には、クジラ漁の空撮や水中映像などを収録。ドローンやGoProで撮影された映像から、海中のクジラの様子や舟との対比を観ることができる。本作のオフィシャルサポーターである山田洋次は「美しい映像から吹き出す石川監督のすさまじいエネルギーにぼくは圧倒される」とコメントを寄せ、石川は「この映画は、私たちにとって、鯨漁の凄さだけではなく、人はいかに生きるべきか、環境や自然とどう向き合うべきかという非常に重く大事なことを語りかけてくれると信じている」とメッセージを送った。

山田洋次 コメント

インドネシアの小さな島に何年も通って作り上げたこの作品を見ていると、
美しい映像から吹き出す石川監督のすさまじいエネルギーにぼくは圧倒される。

石川梵 コメント

1991年写真家だった私は勇壮な鯨漁に魅了され撮影を始めた。撮影は過酷を極め、初めて鯨漁に出会うまで4年、作品になるまで7年かかった。しかし30年を経た今もくじらびとは私を魅了してやまない。そこには大自然の懐に抱かれ、恵みに感謝し、和を尊び、謙虚に生きるあまりに美しい人々の姿があるからだ。その姿が消え去る前に記録として残さなければいけない。それが30年関わった私の使命だと思った。そして今、それがこの映画「くじらびと」という形で結実した。この映画は、私たちにとって、鯨漁の凄さだけではなく、人はいかに生きるべきか、環境や自然とどう向き合うべきかという非常に重く大事なことを語りかけてくれると信じている。

この記事の画像(全4件)

関連記事

(c)Bon Ishikawa

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 石川梵 / 山田洋次 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。