「ジャーニー」神谷浩史が古谷徹とタッグで「光栄の極み」、黒田崇矢は役の重圧感じる

428

アニメ映画「ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語」のジャパンプレミアが本日6月24日に東京・有楽町朝日ホールで開催され、キャストの古谷徹神谷浩史黒田崇矢、監督の静野孔文、プロデューサーの清水慎治が出席した。

「ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語」ジャパンプレミアの様子。左から静野孔文、神谷浩史、古谷徹、黒田崇矢、清水慎治。

「ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語」ジャパンプレミアの様子。左から静野孔文、神谷浩史、古谷徹、黒田崇矢、清水慎治。

大きなサイズで見る(全14件)

東映アニメーションとサウジアラビアのマンガプロダクションズがアニメコンテンツ共同制作についての協定を交わし、東京とサウジアラビアの首都リヤドの両都市で制作された本作。古代のアラビア半島を舞台に、主人公アウスらメッカの民が侵略者アブラハに立ち向かい、未来を切り開いていく様子が描かれる。

エグゼクティブプロデューサーでマンガプロダクションズCEOのブカーリ・イサムがオンラインで参加。「合作アニメを作る道のりは簡単なものではありませんでしたが、制作の過程において、文化や習慣の問題を乗り越えて、強い絆を築くことができました」とまず挨拶した。

古谷徹

古谷徹[拡大]

キャスティングは、サウジアラビア側からの熱烈なオファーによるものだったそう。アウス役の古谷はアフレコを振り返り「特殊能力を持っているスーパーヒーローではないので、最初はあまり強くならないように意識しました。またメッカの村人の信仰の強さ、家族愛の深さ、そういった思いをセリフに込められたらいいなと思い演じました」と語る。

神谷浩史

神谷浩史[拡大]

傭兵であるズララ役の神谷は「そういえば東映アニメーションで『ONE PIECE』をやらせていただいたときに、サウジアラビアの方々が見学に来ていたんですが、まさかこういう形で結実するとは思いませんでした。しかも大先輩の古谷さんの相棒を演じることができて、光栄の極みです」と喜びをにじませた。

黒田崇矢

黒田崇矢[拡大]

左から神谷浩史、古谷徹、黒田崇矢。

左から神谷浩史、古谷徹、黒田崇矢。[拡大]

「まさかサウジアラビアの方が黒田崇矢を知ってくださっているなんて、うれしかったです」とオファー時を回想したのは侵略者アブラハを演じた黒田。「子供の頃から憧れていた古谷さんと敵対する役になるなんて思っていなくて、プレッシャーでした」と恐縮しつつ、「台本を読んで、やっぱりどの時代やどの国でも、私利私欲のために動く人間というのはいるんだと思わされました。サウジアラビアの人間としてというより、自分の感覚で演技をしました」と述べる。

静野孔文

静野孔文[拡大]

清水慎治

清水慎治[拡大]

静野は本作一番の見どころとして合戦シーンを挙げ、「アフレコのときは終始皆さんに叫んでいただいたので、のどは大丈夫かな?とハラハラしました」とコメント。また、マンガプロダクションズから複数のエピソードを入れ込んでほしいとオーダーを受けたと言い、「すべてのエピソードを同じ尺で入れるのは難しかったので、ビジュアル的な面やストーリー構成についてスタッフにアイデアをもらいました」と試行錯誤したことを明かす。苦労をともにした清水は「正直できないなと思ったのですが、静野さんが大丈夫だと。監督にはプランがあったんでしょうね。見事にできていて感服しました」とその手腕をたたえた。

「ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語」は明日6月25日より東京・新宿バルト9、大阪・梅田ブルク7で上映。

この記事の画像・動画(全14件)

関連記事

古谷徹のほかの記事

リンク

(c)2021 マンガプロダクションズ

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語 / 古谷徹 / 神谷浩史 / 黒田崇矢 / 静野孔文 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。