成田凌が「くれなずめ」で踊る藤原季節を回想、公開延期も「いいほうに必ず転びます」

418

くれなずめ」のトークイベントが本日4月29日に東京テアトル公式YouTubeチャンネルで生配信された。

「くれなずめ」トークイベントの様子。左から目次立樹、浜野謙太、高良健吾、成田凌、若葉竜也、藤原季節、松居大悟。

「くれなずめ」トークイベントの様子。左から目次立樹、浜野謙太、高良健吾、成田凌、若葉竜也、藤原季節、松居大悟。

大きなサイズで見る(全3件)

「くれなずめ」ポスタービジュアル

「くれなずめ」ポスタービジュアル[拡大]

友人の結婚披露宴で赤フンダンスの余興をするべく集まった高校の同級生6人の姿を描く本作。披露宴と2次会の間の時間を持て余しながら、彼らが昔の記憶に思いを馳せるさまを映し出す。

キャストの成田凌高良健吾若葉竜也浜野謙太藤原季節目次立樹、監督の松居大悟が出演した本イベントは、新型コロナウイルスの影響による映画の公開延期を受けて急遽実施されたもの。本来は本日が公開日だったため、松居は「悔しい、悔しい!です」「悲しいけど、今日集まってくれてうれしい」と複雑な胸中を吐露する。また、延期をメールグループでキャストに知らせた際、それぞれから励ましの返信があったことを明かした。

脚本を読んだときの感想を尋ねられた藤原が「優しい物語だなと」「そういう優しい世界の映画があってもいいな」と真面目に語ると、ほかのキャストから「何言ってんの?(笑)」とツッコミが入る。脚本の読み合わせ時に「もう1回やります?」と提案したという高良は、その意図を「もうちょい、大きい声出していこうと思って」と説明するも「部活だよ、それ(笑)」とツッコまれていた。

話題は印象に残ったシーンにも及ぶ。成田は「成人してからのカラオケのシーンかな。あの日1日がすごく大変だったんですが、季節がずっと踊っていて。テクノを流して、すごく踊ってくれてました」と回想。「劇中の重要キーワード?でもある“赤フン”で踊るシーンはすごい幸せだったよね」と続けるも、若葉は「俺はもう“赤フン”は着たくないなあ(笑)」と正直に答えた。

最後に成田は「悔しいし、悲しいけど、本当はこうだった、ああだった、というのは人生よくある話で」と公開延期への思いを口にしつつ「いいほうに必ず転びます」と断言。松居は「生きててもらえれば絶対に作品は届けるので。それまで健やかにお過ごしください」と呼びかけ、イベントを締めくくった。

「くれなずめ」は近日公開。

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

成田凌のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020「くれなずめ」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 くれなずめ / 成田凌 / 高良健吾 / 若葉竜也 / 浜野謙太 / 藤原季節 / 目次立樹 / 松居大悟 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。