小林聡美がゲストと2人芝居で贈るWOWOWドラマ「ペンションメッツァ」放送

116

小林聡美主演のWOWOWオリジナルドラマ「ペンションメッツァ」が、2021年1月15日から放送される。

WOWOWオリジナルドラマ「ペンションメッツァ」

WOWOWオリジナルドラマ「ペンションメッツァ」

大きなサイズで見る(全2件)

本作は、長野の別荘地でペンションを営む女主人役の小林と、各話のゲストが2人芝居で繰り広げるオリジナルストーリー。脚本と監督を担当する松本佳奈をはじめ、「連続ドラマW パンとスープとネコ日和」のスタッフが集結した。YouTubeでは特報映像も公開中。

この発表にあたり小林は「毎回ほぼ二人芝居で、初対面もあれば旧知の人もいるけれど、どのエピソードも書き手の個人的な思い入れのある物語に違いないと思うくらい、かなり深いことも語りあっていて」とコメント。さらに視聴者に向けて「誰もが持っている自分だけの物語を、話したり聴いたりする贅沢な時間。きっとどのエピソードにも共感できる何かがあるはずです」とメッセージを送った。

「ペンションメッツァ」はWOWOWプライムで毎週金曜24時から放送。第1話は無料放送される。

小林聡美 コメント

出演が決まった際の心境

世の中が不穏で大変な時期に、ドラマ制作に関われることのありがたさと同時に緊張感もありました。こんな時だからこそ、特別なドラマになるといいな、とも。

脚本を読んだ感想

毎回ほぼ二人芝居で、初対面もあれば旧知の人もいるけれど、どのエピソードも書き手の個人的な思い入れのある物語に違いないと思うくらい、かなり深いことも語りあっていて。そんな風に誰とも語り合える関係をすぐに築ける主人公って、どんな人? 一所にずっといて、外からの人との関わりの中から広がる世界に暮らすってどんな感じ?と想像を巡らせました。

長野のロケーションについて

緑に囲まれたロケ地は本当に爽やかで、日中は暑くても朝晩は涼しい。撮影で心身が疲れたときも、外の空気を吸ったり自然の音を聴いたりして癒されました。お弁当も毎回土地ならではのものが丁寧に詰められていて美味しかった! 宿泊先からロケ地に向かう途中の山々や田んぼや畑も美しくて、毎日車窓から眺めるのが楽しみでした。

松本佳奈の印象

野郎どもに囲まれた小柄な監督が、カット割りなど指示している姿はカッコよかったです。どのシーンも、テストなしのいきなり本番でしたが、そんな潔さも。いつも落ち着いているくせに、可笑しいことが大好きな監督の作品は、観客としてもいつも楽しみです。

視聴者へのメッセージ

誰もが持っている自分だけの物語を、話したり聴いたりする贅沢な時間。きっとどのエピソードにも共感できる何かがあるはずです。魅力的な客人たちとの、そんな贅沢なひとときを、森の美しさと共に味わっていただけたら嬉しいです。

松本佳奈 コメント

脚本・監督が決まった際の心境

このドラマの企画が始まったのは、5月の終わりでした。世界が想像もしなかった状況になり、まだこの先どうなっていくのかわからない不安もありました。人と人が出会い、顔を合わせて話をする。そんなシンプルな話を作りたいと思いました。スタッフと話しながら、また皆と一緒に映像を作れるということにワクワクしました。

長野のロケーションについて

自然が素晴らしいところでした。ちょっと森に入ると、湧き水が流れる小川があったり、突然巨大な石が転がっていたり。面白い場所がたくさんあるのですが、そんな場所が観光地というわけでもなく、さりげなくその辺にある。とても懐が深い場所だなと思いました。風がよく通り、久しぶりに深く呼吸ができました。

小林聡美の印象

小林さんはこちらの想像を清々しく裏切ってくれる方です。それは昔から変わらず、その度に面白いなー、敵わないなーと思っています。今回は基本的に二人芝居だったのですが、お客さんが変わるごとに違った印象を与えてくれ、主人公を多面的で魅力的な人にしてくれました。食事のシーンが多かったのですが、なんとも豪快な食べっぷりも素晴らしかったです。

視聴者へのメッセージ

緑がとてもきれいに撮れました。窓の外をふっと見るときのように、肩の力を抜いて観ていただければと思います。ちょっと一休みする気分で、このドラマが誰かの明日につながればとても嬉しいです。

この記事の画像・動画(全2件)

関連記事

小林聡美のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 小林聡美 / 松本佳奈 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。