「窮鼠はチーズの夢を見る」に水城せとなが太鼓判「生身の男性が描かれていました」

1523

大倉忠義関ジャニ∞)と成田凌の共演作「窮鼠はチーズの夢を見る」の新場面写真が公開。あわせて原作者・水城せとなのコメントも到着した。

「窮鼠はチーズの夢を見る」新場面写真

「窮鼠はチーズの夢を見る」新場面写真

大きなサイズで見る(全6件)

「窮鼠はチーズの夢を見る」新場面写真

「窮鼠はチーズの夢を見る」新場面写真[拡大]

水城のマンガ「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」を行定勲が実写化した本作。学生時代から受け身の恋愛を繰り返してきた主人公・大伴恭一と、彼に一途なアプローチを繰り返す今ヶ瀬渉の揺れ動く恋模様が描かれる。このたび、大倉演じる恭一の肩に成田扮する今ヶ瀬が手を置く様子と、車の助手席から外を見つめる今ヶ瀬の姿を切り取った場面写真が公開された。

「窮鼠はチーズの夢を見る」

「窮鼠はチーズの夢を見る」[拡大]

「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる」はこれまでにも何度か映画化の話が持ち上がったと言う水城。「キャラクターを過剰に美化しそうな雰囲気が強く、断ってきたんです。でも、行定勲監督から最初に届いた企画書は視点がフラットで、生身の男性が描かれていました。生身の人と人が向き合う姿をフラットに捉えた恋愛映画として作っていただけそうだなと思いました」と明かす。

キャスティングについては「成田さんの今ヶ瀬のイメージはすぐに湧きましたが、大倉さんはキラキライケメンなので大丈夫かな……と心配になりました(笑)。恭一という人物は、ある程度固まっていた人生がぶち壊される人なので、枯れ始めてる感が欲しかったんです」打ち明けるも、「映画を観たら、ほどよい枯れ具合があってよかったです。愛という課題を突きつけられて、今ヶ瀬を突き放しながらも頭では考えている、抑圧的な空気感がすごくよく出ていたと思います」と大倉の演技を称賛した。

「窮鼠はチーズの夢を見る」は、9月11日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

※「窮鼠はチーズの夢を見る」はR15+指定作品

この記事の画像(全6件)

関連記事

大倉忠義のほかの記事

リンク

関連商品

(c)水城せとな・小学館/映画「窮鼠はチーズの夢を見る」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 窮鼠はチーズの夢を見る / 大倉忠義 / 関ジャニ∞ / 成田凌 / 行定勲 / 水城せとな の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。