池袋が舞台の青春ファンタジー「君は彼方」11月公開、松本穂香が語りかける特報も

180

東京・池袋を舞台としたオリジナル長編アニメ映画「君は彼方」が11月27日に公開決定。ティザーポスタービジュアルと特報映像も解禁となった。

「君は彼方」ティザーポスタービジュアル

「君は彼方」ティザーポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

努力や面倒なことが嫌いな主人公・澪(みお)に松本穂香、澪の幼なじみ・新(あらた)に瀬戸利樹が声を当てた本作。新のことが気になるも気持ちを伝えられずにいた澪が交通事故に遭い、見たこともない不思議な世界へ迷い込んでいくさまが描かれる。

YouTubeで公開された特報では、通学路や学校の屋上、仲間と過ごす何気ない時間など、澪にとって大切な日常が交通事故によって奪われてしまう物語の始まりが映し出される。ナレーションは松本が担当し、新へ伝えられなかった澪の思いを表現した。またティザーポスターには、池袋・東口の駅前にたたずむ澪と新の姿が捉えられている。

本作の監督・脚本・原作を担当したのは「奇魂侍」で第10回山形国際ムービーフェスティバル2014の山形県知事賞を受賞した瀬名快伸。デジタルネットワークアニメーションが制作を担当した。

「君は彼方」は東京・TOHOシネマズ 池袋ほか全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全3件)

関連記事

松本穂香のほかの記事

リンク

関連商品

(c)「君は彼方」製作委員会