「グリンゴ」C・セロンのインタビュー映像到着、自身の役に「最初は慣れなかった」

32

シャーリーズ・セロンが製作・出演した「グリンゴ/最強の悪運男」の新たなインタビュー映像がYouTubeで公開された。

「グリンゴ/最強の悪運男」

「グリンゴ/最強の悪運男」

大きなサイズで見る(全15件)

友人だったはずの経営者にだまされ、妻に離婚されてしまったお人好しな男ハロルドが極悪モンスター上司への復讐に挑むさまを描く本作。「グローリー/明日への行進」のデヴィッド・オイェロウォがハロルドに扮し、上司のリチャードとエレーンをジョエル・エドガートンとセロンが演じた。

映像にはオイェロウォとセロンが登場。オイェロウォはハロルドの設定について、シカゴ生まれのアメリカ人から自身の両親と同じナイジェリア移民に変えたことを明かしたうえで、「純真な男が人に利用されるが、それは頭が悪いわけじゃない。慣れない文化の中にいるからだ」と話す。続けて「つまりこれはアメリカの状況を伝える物語なんだ。移民国家の状況をね」と説明した。セロンは“不適切な言葉”を使うエレーンを演じることについて「楽しかったけど、最初は慣れなかったわ」と振り返るも、「物語上、彼女の嫌な部分が必要だった」と述べている。

ナッシュ・エドガートンが監督を務めた「グリンゴ/最強の悪運男」は、2月7日に東京・新宿バルト9ほか全国で公開。

この記事の画像・動画(全15件)

関連記事

シャーリーズ・セロンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2018 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.