梶裕貴が連ドラ初主演、人型AIに翻弄されるアラサー演じる「ぴぷる」5月オンエア

81

WOWOWオリジナルドラマ「ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~」が5月にWOWOWプライムで放送決定。声優の梶裕貴が主演することがわかった。

梶裕貴

梶裕貴

大きなサイズで見る(全2件)

雑誌「ダ・ヴィンチ」で2018年11月号から2019年3月号にかけて連載された、原田まりるによるSFコメディ小説「ぴぷる」をドラマ化した本作。人間とAIが結婚できるようになった2030年を舞台に、人型AIと結婚することを選んだサラリーマン・摘木健一が、妻である人型AI・ぴぷる、AI研究者の女性・深山楓らに翻弄されるさまが描かれる。

小説連載中に企画されたWebドラマ「耳で楽しむ小説『ぴぷる』」で摘木に声を当てた梶が、実写ドラマ版でも摘木役でキャスティングされた。摘木は生身の人間とのコミュニケーションが得意ではない、オタク気質のアラサー男子という役どころだ。今作が連続ドラマ初主演となる梶は、「まったくもって未知の領域なので、漠然とした不安もありつつ、同時に、楽しみな気持ちもいっぱいです。…想像がつかない!(笑) とにかく、共演者の皆さんやスタッフの皆さんと、楽しみながら作品を作っていけたらと思います」とコメントしている。

脚本は「デイアンドナイト」の小寺和久が執筆。監督はドラマ「恋のツキ」や映画「はらはらなのか。」で知られる酒井麻衣、ドラマ「連続ドラマW 名刺ゲーム」「アラサーちゃん 無修正」を手がけた瀧悠輔が務める。

WOWOWオリジナルドラマ「ぴぷる~AIと結婚生活はじめました~」

WOWOWプライム 2020年5月放送予定

梶裕貴 コメント

「耳で楽しむ小説『ぴぷる』」に続き、実写ドラマへの出演が決定したときの感想

音声収録時、スタッフの皆さんと冗談まじりに話していた映像化の話が、まさか現実になるとは…! 驚きと喜びと不安の入り混じった、初めての感情です。でもなにより、引き続き摘木を演じさせていただけることが本当に嬉しいです。

連続ドラマ初主演への意気込み

まったくもって未知の領域なので、漠然とした不安もありつつ、同時に、楽しみな気持ちもいっぱいです。…想像がつかない!(笑) とにかく、共演者の皆さんやスタッフの皆さんと、楽しみながら作品を作っていけたらと思います。

視聴者へのメッセージ

また新たな形で「ぴぷる」の世界をお届けできることを、キャストの一人として、とても嬉しく思います。“AI”と向き合うことで、逆に“人間”が見えてくる。少し未来のちょっと不思議な物語を、ぜひ楽しみにお待ちください!

原田まりる コメント

ドラマ化決定に関して

人型汎用AIをパートナーにできる近未来が訪れた時、人間の価値観やアイデンティティはどうなるのか?を踏まえ、さまざまな恋愛模様を描いたSF小説になります。この度は素晴らしい製作陣でのドラマ化となり、とても嬉しいです! また主演の梶さんには朗読劇の方でも主人公・摘木の声を担当していただいており、草稿から読んでくださっていました。その際、「本当に面白かった」と作品のことをとても愛してくださっていたので、どのように演じられるのか今から楽しみです!

この記事の画像(全2件)

関連記事

梶裕貴のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020ドラマ「ぴぷる」製作委員会