数千年かけて大海原を渡った音楽たどるドキュメンタリー公開

45

音楽ドキュメンタリー「Small Island Big Song」が「大海原のソングライン」という邦題で、4月より東京のシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開される。

「大海原のソングライン」

「大海原のソングライン」

大きなサイズで見る(全11件)

「大海原のソングライン」ティザービジュアル

「大海原のソングライン」ティザービジュアル[拡大]

「大海原のソングライン」

「大海原のソングライン」[拡大]

イースター島やマダガスカルなど16の島国に残る伝統的な音楽とパフォーマンスを記録した本作。音楽プロデューサーでもある監督のティム・コールとプロデューサーのバオバオ・チェンは、台湾からオーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、マダカスカル、そしてイースター島へと数千年かけて人々が開拓した航路を3年間かけてたどった。

「大海原のソングライン」

「大海原のソングライン」[拡大]

オーストラリアの先住民には古来より受け継がれてきた、動植物や岩、湖などを歌い世界を表現する“ソングライン”という思想・信仰があり、本作ではその思想にもとづいてかつて同じ言葉や音楽でつながっていた島々の歌を再集結させようと試みている。このたび解禁された特報には、それぞれの島で生きる人々が伝承された音楽を演奏し、1つのアンサンブルを奏でる様子が収録された。

「大海原のソングライン」出演ミュージシャンによるライブの様子。

「大海原のソングライン」出演ミュージシャンによるライブの様子。[拡大]

なお本作の音楽アルバムは2018年に発売されており、出演ミュージシャンたちによるライブが世界14カ国で実施されている。

この記事の画像・動画(全11件)

バオバオ・チェン コメント

私たちが出会ったのは、たくさんの笑い声と故郷への深い愛情、そして自然は支配するものではなく、繊細な織物のようなもので、その一端を我々も担っていると信じる世界中の同士たちへの、心からの感謝の気持ちでした。そうした彼らからの音楽という贈り物を、受け取っていただきたいです。
何よりも重要なのは音楽であり、現代的あるいは伝統的な、痛切あるいは陽気な曲を、素晴らしい音楽家たちの故郷で録音したその現場にいた私たちと同じぐらい楽しんでいただきたい。失われるにはあまりに尊すぎる、いくつもの海をまたいだ島々の旅行記「Small Island Big Song」にどうぞお付き合いください。

関連記事

リンク

関連商品

(c)Small Island Big Song