栗山千明が嘘を見破る刑事役のドラマ「サイレント・ヴォイス」続編放送

150

栗山千明の主演ドラマ「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」の続編が放送決定。3月7日に特別編、4月クールからシーズン2がBSテレ東・BSテレ東4Kで放送される。

栗山千明演じる楯岡絵麻。

栗山千明演じる楯岡絵麻。

大きなサイズで見る(全2件)

「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」原作書影 (c)佐藤青南/宝島社

「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻」原作書影 (c)佐藤青南/宝島社[拡大]

本作はミステリー作家・佐藤青南の小説をドラマ化した心理サスペンス。取調室だけを舞台に、栗山演じる刑事・楯岡絵麻が被疑者の習慣やしぐさ、行動パターンから嘘を見破り事件を解決するさまが描かれる。今回の特別編では、どんな被疑者でも自供に追い込んできた絵麻の前に最大の敵が登場。シーズン2では、アイドルファンによる殺害予告事件や、作曲家のゴーストライター事件など実際の事件を取り入れたストーリーが展開される。特別編は大浦光太、シーズン2はブラジリィー・アン・山田、大浦、本田隆朗が脚本を担当した。

栗山は「特別篇では、絵麻の過去が垣間見れるストーリーになっています。Season2も毎話、面白いストーリーと共演者の方々の魅力的なお芝居に溢れています」と続編をアピール。原作者の佐藤は「シーズン1は知る人ぞ知る神ドラマになったと思っています」と振り返り、「前シーズンよりさらにパワーアップした栗山エンマ様に再会できる日を、いちファンとして楽しみにしています。めざせシーズン3!」と期待を寄せた。

「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻 特別篇 悪魔の学問」

BSテレ東・BSテレ東4K 2020年3月7日(土)21:00~22:49

「サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻 Season2」

BSテレ東・BSテレ東4K 2020年4月スタート 毎週土曜 21:00~21:55

栗山千明 コメント

前回のSeason1では、私演じる楯岡絵麻のキャラクター作りからセリフまで、今までにない経験で大変な場面も多かったですが、監督、プロデューサーをはじめ、スタッフの皆さんと協力しながら撮影を行い、とても素晴らしい作品にすることができました。
そして特別篇・Season2とサイレント・ヴォイスが続くことに素直に驚いています。ただ、前回と同じスタッフさんが多いので、私自身、撮影に入る前から安心して現場に入れる環境と、同士が再び結集したみたいな感じで、団結力は一段と強くなったと感じました。特別篇では、絵麻の過去が垣間見れるストーリーになっています。Season2も毎話、面白いストーリーと共演者の方々の魅力的なお芝居に溢れています。Season1からご覧頂いた方が、より楽しめるかとは思いますが、特別篇やSeason2からでも十分にお楽しみ頂けると思います。ご期待頂けると幸いです。

佐藤青南 コメント

原作者の欲目を抜きにしても、シーズン1は知る人ぞ知る神ドラマになったと思っています。
大切に育ててきたシリーズをどう料理されるのか、キャラクターもストーリーもいじくりまわされて別物にされてしまうのではないかという不安は試写の時点で吹き飛び、いちファン、いち視聴者として毎週の放送を楽しみに過ごしました。前回の放送終了後、軽いエンマ様ロスに陥ったほどです。(原作者なのに)
そんな折にいただいたシーズン2のお話。断る理由もありません。ドラマ版オリジナルエピソードも作られるということで、前シーズンよりさらにパワーアップした栗山エンマ様に再会できる日を、いちファンとして楽しみにしています。めざせシーズン3!

森田昇(プロデューサー) コメント

制作費などの様々な制約を逆に利用して、ほぼワンシチュエーションで展開する作品に挑みました。台本作りや画作りなど苦労も多く、何より出演者にとんでもない負担をかけながら制作しましたが、その甲斐あってか視聴率や配信でも高評価を頂きました。そこで続編を制作させていただけることに。基本的な設定はSeason1を敢えて変えず、絵麻と対峙する被疑者の興味深いキャラ設定と、アッと驚くドンデン返しのストーリー作りにこだわりました。2時間の特別篇とSeason2も、またしても嘘を得意とする手強い相手がぞくぞくと登場します。そしてストーリーとともに、密室で繰り広げられる役者さんたちの芝居合戦にも期待していただければと思います。映像的にも、映画に負けない独特の質感で4Kの高精細な特性を最大限活かしています。クローズアップを多用した特徴的な画作りでお届けする、絵麻の美貌や被疑者の強力なキャラクターも是非楽しんでいただけると思います。

この記事の画像(全2件)

関連記事

栗山千明のほかの記事

リンク

関連商品

(c)「サイレント・ヴォイス」製作委員会2020