小さな哲学者が経験するひと夏の冒険「恐竜が教えてくれたこと」予告解禁

114

児童文学「ぼくとテスの秘密の七日間」を映画化した「恐竜が教えてくれたこと」の予告編がYouTubeで公開された。

「恐竜が教えてくれたこと」ポスタービジュアル

「恐竜が教えてくれたこと」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全6件)

本作はオランダ北部の島に、家族でバカンスに来ていた11歳の少年サムを主人公としたバカンスムービー。死や孤独について考える小さな哲学者のようなサムは、ある“秘密の計画”を実行しようとする少女テスに出会い惹かれていく。

「恐竜が教えてくれたこと」

「恐竜が教えてくれたこと」[拡大]

ソンニ・ファンウッテレンがサム、ヨセフィーン・アレンセンがテスを演じた。監督は、本作で長編デビューを飾ったオランダの新鋭ステフェン・ワウテルロウト。予告には「家族も友達もいつかは死んでしまう」「仲良くなってもいつかはひとりぼっちだ」と思い悩むサムが直面するひと夏の冒険の様子が収録された。

「恐竜が教えてくれたこと」は3月より東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次ロードショー。

この記事の画像・動画(全6件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2019 BIND & Willink B.V. / Ostlicht Filmproduktion GmbH