映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

祭nine.の映画初主演作が3月公開、寺坂頼我「地球滅亡に立ち向かっていく話」

511

「祭りの後は祭りの前」

「祭りの後は祭りの前」

男性7人組のエンタテインメント集団・祭nine.の映画初主演作「祭りの後は祭りの前」が3月6日より公開される。

「祭りの後は祭りの前」は、幼なじみの高校生7人の姿を描く青春群像劇。彼らは高校2年生最後のライブに向けて練習に励んでいたが、その中の1人が本番前日に事故に遭ってしまう。さらに、地球が巨大隕石の衝突により終わりを迎えるというニュースが世界中に拡散する。

このたび祭nine.リーダー・寺坂頼我のコメントも到着した。「この作品は、祭部という部活に入っている祭nine.の7人が演じる高校生たちが、地球滅亡に立ち向かっていく話になっています。笑えて、でも最後には感動出来るメッセージ性の強い内容になっているので、ぜひたくさんの方に観ていただければと思っています」と述べている。

祭nine.メンバーのほか、お笑いトリオ・や団の本間キッド、中村静香板橋駿谷が出演。「レオン」「今日も嫌がらせ弁当」の塚本連平が監督と脚本を担当した。脚本協力として作家のせきしろが参加している。

「祭りの後は祭りの前」は東京のシネ・リーブル池袋、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場ほか全国で公開。12月20日には撮影オフショットを捉えたカード付属の前売り券が劇場窓口で発売される。詳細は映画の公式サイトで確認を。

(c)2019映画『祭りの後は祭りの前』製作委員会

映画ナタリーをフォロー