映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

堤幸彦が監修したSEAMOのドキュメンタリー公開、ファンキー加藤や古坂大魔王も登場

101

「もしもあの時 “if”」

「もしもあの時 “if”」

アーティスト・SEAMOを追ったドキュメンタリー映画「もしもあの時 “if”」が2020年1月11日から19日まで上映される。

デビュー15周年迎えたSEAMOの栄光や挫折を描く本作。SEAMOに影響を与えたアーティスト仲間や関係者、ファンのインタビューを交えながら、彼がもがき苦しみながらも挑戦し続けるさまが映し出されていく。監修はSEAMOと親交のある堤幸彦が担当した。

YouTubeで公開されたトレーラーには、ファンキー加藤古坂大魔王らがSEAMOについて語る様子を収録。またSEAMO自身が「俺ってもう不良債権みたいになってるのかなとか」「このまま俺終わっちゃうなと思って」と過去を振り返る姿も捉えられた。

チケットの販売は11月11日を予定しており、料金は近日発表される。なお劇中にはET-KING、SOCKS、nobodyknows+のDJ MITSUとCrystal Boy、DJ TAKI-SHIT、HOME MADE 家族、堀江美穂、You-Geeが登場する。

「もしもあの時 “if”」は東京・イオンシネマ板橋、愛知・イオンシネマ大高、大阪・イオンシネマ茨木にて期間限定で上映。

映画ナタリーをフォロー