映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

山下智久、34歳の誕生日!主演ドラマ「インハンド」濱田岳&菜々緒がお祝い

1108

金曜ドラマ「インハンド」特別試写会の様子。左から濱田岳、山下智久、菜々緒。

金曜ドラマ「インハンド」特別試写会の様子。左から濱田岳、山下智久、菜々緒。

金曜ドラマ「インハンド」の特別試写会が4月9日に東京・渋谷ストリームホールで行われ、キャストの山下智久濱田岳菜々緒が登壇した。

朱戸アオによるマンガを原作に、ロボットハンドの義手を持つドSな天才科学者・紐倉哲が、次々と巻き起こる難事件を科学的な方法で解決していくさまを描いた本作。山下は自身が演じる紐倉のキャラクターについて「一見嫌なやつ」と切り出す。そして「すごく冷めてるようで、自分の叶えたい、興味あることにはとても情熱的。その部分が回を追うごとに見えてくる。1話だけでは読み切れない、最終話まで通してやっと理解できるような奥深い、変わった科学者ですね」と紹介した。

そんな紐倉に振り回されるのが、濱田演じる熱血助手・高家春馬だ。濱田は撮影が進むに連れて「なんとなくわかってきたこと」として、紐倉と高家の関係性を「昭和のよき夫婦」と表現する。この発言に思わず笑みをこぼす山下の横で、濱田は「僕が奥さん側で、研究所の掃除とか、紐倉のお手伝いとか甲斐甲斐しくやってるわけですよ。でも全然『ありがとう』とか、感謝の気持ちを言われないんです。でもふとしたときに、優しい言葉をかけられる。だから朝ドラみたいな要素を金曜の夜に見られる贅沢なサイエンスミステリードラマ」とコメント。クールでやり手な官僚・牧野巴役の菜々緒は「この2人がいつもイチャイチャしているのをほほえましく見ています」と撮影を振り返った。

ドラマには、紐倉が研究所で飼っている犬サモエドのサモンをはじめ、さまざな動物が登場している。キャスト陣が動物と触れ合うことも多く、山下は「最初『イグアナを抱いて研究室に行って』と言われたときは戸惑った」と述懐。「でも撮影が進むに連れて、イグアナも視覚的に『あ、白衣のやつだ』みたいに僕を覚えてくれて。だから僕が近付くと『なでろ』みたいな顔をするんです。なでてあげると目を閉じて気持ちよさそうな表情をするので、なんだかとても愛着が湧いてきました。爬虫類もいけるようになりました」と目を細めた。

イベントの最後には、この日34歳の誕生日を迎えた山下をケーキでお祝いする場面も。濱田と菜々緒がケーキを運び込むと、山下も喜びを隠せない様子で満面の笑み。紐倉のイラストが描かれたケーキに「よくできてるなー」と驚きながら、「ありがとうございます! こんなにたくさんの方の前でお祝いしていただき、本当にいい年になるという予感しかないです」とコメント。山下はファンからの拍手と「おめでとー」という掛け声に包まれながら、ろうそくの火を吹き消した。

「インハンド」は、TBS系で4月12日22時に放送スタート。毎週金曜日にオンエアされる。

金曜ドラマ「インハンド」

TBS系 2019年4月12日(金)スタート 毎週金曜 22:00~22:54
※初回は15分拡大

(c)TBS

映画ナタリーをフォロー