映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

名門校から教育困難中学に赴任、フランスの社会問題描く「12か月の未来図」予告

143

「12か月の未来図」

「12か月の未来図」

フランス映画「12か月の未来図」の予告編がYouTubeにて解禁された。

フランスが誇る名門アンリ4世高校から、パリ郊外の教育困難中学へ1年間限定で赴任した教師フランソワを主人公とした本作。移民などさまざまなルーツを持つ生徒たちを相手にカルチャーショックを受けながらも、次第に打ち解けていったフランソワが、ある生徒のために奮闘するさまが描かれる。「最初の人間」のドゥニ・ポダリデスが主演を務めた。予告には赴任先の学校で、移民、貧困、学力低下など、フランス社会が抱える問題に直面したフランソワの姿を収録。「生徒の半分は役立たずだ」と半ば教育をあきらめている教師が多い中、フランソワは生徒1人ひとりと真剣に向き合い始める。

オリヴィエ・アヤシュ・ヴィダルが監督を務めた「12か月の未来図」は、4月6日より東京・岩波ホールほか全国でロードショー。

(c)ATELIER DE PRODUCTION - SOMBRERO FILMS -FRANCE 3 CINEMA - 2017

映画ナタリーをフォロー