石塚運昇が食道がんで死去、オーキド博士の声やリーアム・ニーソンの吹替を担当

267

石塚運昇が、食道がんのため8月13日に死去。享年68だった。

石塚運昇

石塚運昇

大きなサイズで見る

所属事務所・青二プロダクションは、本日公式サイトにて「食道癌の為かねてより病気療養中でしたが、薬石効なく平成30年8月13日永眠いたしました」と発表した。

「ポケットモンスター」シリーズのオーキド博士役や「ドラゴンボール超」のミスター・サタン役などで知られる石塚は、アニメのほか洋画吹替も多数担当。「96時間」シリーズや「フライト・ゲーム」でリーアム・ニーソン演じる主人公に声を当て、「M:i:III」「マン・オブ・スティール」のローレンス・フィッシュバーンや「ダ・ヴィンチ・コード」のジャン・レノなどの吹替も務めた。2018年にはウェス・アンダーソン監督作「犬ヶ島」の吹替版にナレーションとして参加した。

※記事初出時より、一部表現を改めました。

関連記事

石塚運昇のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 石塚運昇 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。