映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

黒人版“國民の創生”、サンダンス2冠の「バース・オブ・ネイション」ソフト化

120

「バース・オブ・ネイション」

「バース・オブ・ネイション」

サンダンス映画祭2016ドラマ部門でグランプリと観客賞を獲得した日本未公開作「バース・オブ・ネイション」のBlu-ray&DVDが、明日8月3日に発売される。

1831年に起きた、黒人奴隷による“ナット・ターナーの反乱”を題材に、指導者であるナット・ターナーの信仰と闘いを描いた本作。60人以上の白人が殺害されたこの反乱は、アメリカの南北対立激化をうながし、奴隷制崩壊を早める一因になったと言われている。

「フライト・ゲーム」「キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け」で知られる俳優ネイト・パーカーが、7年の歳月をかけて制作。彼は製作、監督、脚本、主演を担当した。パーカーのほかアーミー・ハマージャッキー・アール・ヘイリーペネロープ・アン・ミラーマーク・ブーン・Jr.コールマン・ドミンゴらがキャストに名を連ねている。

本作は白人至上主義団体“KKK”を英雄的に描いたD・W・グリフィスの「國民の創生」と原題「The Birth of a Nation」が同じであることも話題になった。日本では第29回東京国際映画祭の特別招待作品として上映されている。120分に及ぶ特典映像にはメイキングのほか、短編「アメリカに変革を」、ナショナルジオグラフィックが制作したドキュメンタリー、未公開シーンなどを収録。さらに撮影台本やパーカーによる音声解説を楽しむことができる。

現在、予告編がYouTubeにて公開中だ。

映画ナタリーをフォロー