映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ブータンのある家族を追ったドキュメンタリー公開、子を思う父と兄妹の葛藤切り取る

81

ドキュメンタリー「ゲンボとタシの夢見るブータン」が8月18日に公開される。

近代化が進むブータンを舞台に、国民総幸福量(GNH)を重視して生きてきた親世代と自分らしい生き方を大切にする子世代の葛藤を切り取った本作。戒律の厳しい僧院学校へ行くことについて悩む16歳の兄ゲンボ、自らを男だと認識しサッカーの代表チームに入ることを夢見る15歳の妹・タシが、彼らの将来を思う父親と静かに衝突するさまを追う。監督を務めたのは、若手ドキュメンタリー制作者育成プログラム“ドック・ノマッド”で出会ったアルム・バッタライとドロッチャ・ズルボー。

「バカの壁」で知られる解剖学者の養老孟司は「ネットを典型として変わりゆく社会、その中での父と子、性同一性、個人の選択、こうした人生の普遍的な問題を、ブータンの風土を背景に上手に描いています。強いて結論を出さない、とても気持ちのいい映画です」とコメントを寄せた。

「ゲンボとタシの夢見るブータン」は東京・ポレポレ東中野ほか全国にて順次ロードショー。

養老孟司 コメント

ネットを典型として変わりゆく社会、その中での父と子、性同一性、個人の選択、こうした人生の普遍的な問題を、ブータンの風土を背景に上手に描いています。強いて結論を出さない、とても気持ちのいい映画です。
日本人が百年以上前に、良かれ悪しかれ通過した時代を、アジアの国々がいま通っているという気がします。ではわれわれは真摯に過去に向き合ってきたか。それをあらためて考えさせる作品でもあります。

(c)ECLIPSEFILM, SOUND PICTURES, KRO-NCRV

映画ナタリーをフォロー