チョ・インソン演じる検事が過去を回想、「ザ・キング」本編冒頭約6分半が公開

40

韓国映画「ザ・キング」の冒頭映像約6分半がYouTubeにて公開された。

「ザ・キング」

「ザ・キング」

大きなサイズで見る(全15件)

「ザ・キング」

「ザ・キング」[拡大]

本作は、1980年代から2010年代にわたる韓国現代史を背景に、金と権力を求める検事たちの姿を描いた物語。新人のパク・テスをドラマ「大丈夫、愛だ」のチョ・インソン、絶対的成功者である部長ガンシクを「アシュラ」のチョン・ウソンが演じた。

映像は、パク・テスらが車中で意味深な会話をするシーンからスタート。その後車が事故に遭い、パク・テスの回想という形式で彼の過去が映し出されていく。チョ・インソンは「キャラクター自体の変化に焦点を合わせず、むしろテスが経験していく事件や出会う人々に注目しながら演じた。とくに高校時代のテスの演技には多くの神経を注いだ」とコメント。監督のハン・ジェリムは「チョ・インソンそのものがテスだった」と彼を絶賛している。

「ザ・キング」インターナショナル版ポスタービジュアル

「ザ・キング」インターナショナル版ポスタービジュアル[拡大]

「ザ・キング」は3月10日より東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋ほか全国にて順次公開。初日にはインターナショナル版ポスタービジュアルを使用したチラシが来場者にプレゼントされる。数量限定となるので注意してほしい。

この記事の画像・動画(全15件)

関連記事

チョ・インソンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2017NEXT ENTERTAINMENT WORLD & WOOJOO FILM All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ザ・キング / チョ・インソン / チョン・ウソン / ハン・ジェリム の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。