映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

大川宏洋×千眼美子の共演作「さらば青春、されど青春。」ビジュアル到着

98

清水富美加から千眼美子に改名し、活動を始めた彼女の女優復帰作「さらば青春、されど青春。」のティザービジュアルが解禁された。

大川隆法が製作総指揮を務めた12本目の映画にあたる本作は、昭和の時代を背景に、ある男女がそれぞれの運命と真摯に向き合う姿を描く青春ラブストーリー。「君のまなざし」の赤羽博がメガホンを取り、大川宏洋が主人公・中道真一役、千眼が恋人の額田美子役を務めた。雲母ビートきよし木下ほうか野久保直樹らも出演している。千眼は主題歌「眠れぬ夜を超えて」のボーカルも担当した。

ティザービジュアルには真一が美子に愛しげなまなざしを向ける姿が捉えられ、「あなたを信じて、ほんとうによかった。」というコピーが添えられている。またこのたび大川と千眼からコメントが到着。千眼は「この役を演じてみて、自分の青春を振り返りつつ、そこから旅立って一歩ずつ進めていくことが、過去も現在も未来も輝かすことになるのかなぁ、なんてことを思いました。千眼美子として初めての映画作品、お楽しみにです!!」と呼びかけた。

「さらば青春、されど青春。」は、2018年初夏に公開予定。

大川宏洋 コメント

今回、映画の初主演を務めさせていただきました。大学1年生から30歳までという、幅のある年齢を演じており、とてもやりがいのある役でした。私としては、「その時その時の中道真一の年齢にしっかりと寄り添えているか」「ストーリーの進行と共に変化・成長していけているか」をとても大切にしました。悩みや葛藤の先に、真一は何を掴むのか。真一の“変化”を楽しんでもらえると嬉しいです。

千眼美子 コメント

額田美子という役はとても難しい役でした。何とか役のイメージに近付けようと頑張りました!! 愛しているからこそ、自分にとって辛い選択ができる、そんな健気な姿を見て欲しいです。
この役を演じてみて、自分の青春を振り返りつつ、そこから旅立って一歩ずつ進めていくことが、過去も現在も未来も輝かすことになるのかなぁ、なんてことを思いました。
千眼美子として初めての映画作品、お楽しみにです!!

映画ナタリーをフォロー