映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

乃木坂46伊藤万理華の主演作「アイズ」、監督が伊藤の芝居を「天才的」と絶賛

84

「アイズ」舞台挨拶の様子。

「アイズ」舞台挨拶の様子。

5月28日、東京・イオンシネマ板橋にて「アイズ」の完成披露試写会が行われ、乃木坂46伊藤万理華夢みるアドレセンス山田朱莉、山田太一、中川慶二、監督の福田陽平、原作者の鈴木光司ら10名が登壇した。

撮影中のエピソードを聞かれた伊藤は、「弟役の中川慶二くんと、最初はお互い人見知りして目もあわせられなかったんです。でも今日会ったら手を振ってくれて、涙が出るほどうれしかった」と嬉々として語る。そのあとに現在6歳の中川が「監督が『よーい、スタート』って言ってるときが面白かったです」とたどたどしくコメントすると会場は笑顔に包まれる。続いてマイクを取った山田朱莉は「私はホラーがすごい苦手なので、まさか自分がホラー映画に出るなんて」と驚きつつ、「しかもその中でおばけに……なってるのかな?」とほのめかす一幕も。

映画の見どころについて質問された福田が「伊藤さんの天才的な芝居」と答えると、父親役を務めた山田太一も「一切アイドルって感じがしませんでした」と賛同。福田は「僕はこの作品で伊藤さんの才能を世に出すという使命を感じて怖かった部分もあるんです。彼女は本当に素晴らしい才能を持っているので。でもキャストやスタッフのみんなが命をかけて作ってくれて、自信を持って『ぜひ観てください』と言える作品ができあがりました」と話す。さらに「伊藤さんが、次はセンターに選ばれるようになってほしい」と続けると、会場から歓声が上がった。

本作で映画初主演を果たした伊藤は、撮影にあたり「不安で、仕事で初めてお母さんに泣きついた」と明かす。さらに「握手会のときファンの皆さんが『俺、ホラー苦手なんだよね』って言ってたので不安だったんですけど、今日はこんなにたくさんの方に観に来ていただけてうれしいです」と喜びをあらわにし、最後は「この映画、20回観てください!」と自信たっぷりにアピールした。

「アイズ」は6月6日より全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー