映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ハビエル・バルデムとペネロペ・クルスが麻薬王の伝記映画で再び夫婦共演

26

左からハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス(写真提供:DP / AAD / starmaxinc.com / Newscom / ゼータ イメージ)

左からハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス(写真提供:DP / AAD / starmaxinc.com / Newscom / ゼータ イメージ)

リュック・ベッソン率いる映画製作会社ヨーロッパ・コープなどが製作する「Escobar(原題)」に、ハビエル・バルデムペネロペ・クルスが出演するとThe Hollywood Reporterなどが報じた。2010年に結婚したバルデムとクルスが夫婦となってから共演するのは、「悪の法則」以来2作目となる。

「Escobar」は、コロンビア最大の麻薬密売組織「メデジン・カルテル」を創設した麻薬王パブロ・エスコバルの伝記映画。エスコバルと恋愛関係にあったコロンビアのジャーナリストが出版したベストセラー「Loving Pablo, Hating Escobar(原題)」を原作に、スペイン出身のフェルナンド・レオン・デ・アラノアが監督と脚本を手がける。

映画ナタリーをフォロー