86分間トム・ハーディしか映らない、ワンシチュエーションサスペンスが公開

43

インセプション」「裏切りのサーカス」のトム・ハーディが主演を務めた「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」が6月に公開される。今回そのポスタービジュアルが解禁となった。

「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」のトム・ハーディ。(c) 2013 LOCKE DISTRIBUTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」のトム・ハーディ。(c) 2013 LOCKE DISTRIBUTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

大きなサイズで見る(全12件)

「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」ポスタービジュアル (c) 2013 LOCKE DISTRIBUTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」ポスタービジュアル (c) 2013 LOCKE DISTRIBUTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED[拡大]

本作は、「堕天使のパスポート」「イースタン・プロミス」の脚本で知られるスティーヴン・ナイトがメガホンを取ったワンシチュエーションサスペンス。「余分な要素を捨て、すべてを要約した核のような映画を作りたかった」とナイト監督がコメントしている通り、車を運転する1人の男しか登場せず、交わされる会話は電話のみという異色作に仕上がっている。

「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」のワンシーン。(c) 2013 LOCKE DISTRIBUTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」のワンシーン。(c) 2013 LOCKE DISTRIBUTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED[拡大]

愛する家族に囲まれ、建築現場監督としてのキャリアも順調という公私にわたって幸せなアイヴァン・ロック。同作はそんな彼に降りかかる86分の出来事をリアルタイムで浮き彫りにする。夜のハイウェイをドライブ中に受けた1本の電話によって人生のすべてを懸けた決断に迫られるロックを、トム・ハーディが熱演。限定されたシチュエーションの中にいる主人公を繊細に演じきり、トロント映画批評家協会賞の主演男優賞ほか多数の賞を受賞した。

「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」は6月にYEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次ロードショー。

この記事の画像(全12件)

関連記事

トム・ハーディのほかの記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 インセプション / 裏切りのサーカス / 堕天使のパスポート / イースタン・プロミス / トム・ハーディ / スティーヴン・ナイト の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。