はなちゃんのみそ汁

はなちゃんのみそ汁

ハナチャンノミソシル

2015年12月19日(土)公開 / 上映時間:118分 / 製作:2015年(日本) / 配給:東京テアトル

(C)イメージフィールド株式会社

解説 乳がんのため33歳の若さで亡くなった安武千恵さんのベストセラー・ノンフィクション小説を映画化。『ペコロスの母に会いに行く』の脚本家である阿久根知昭監督が、味噌汁作りで幼い娘に愛情と生きる力を伝える余命わずかの母の姿を通し、命の尊さと家族の大切さを描き出す。限られた時間の中で娘に精一杯の愛情を注ぐ母親を広末涼子が熱演する。

ストーリー 25歳の若さで乳がんと診断された千恵。苦しい治療を乗り越え健康を取り戻した彼女は、良き伴侶を得て、奇跡的に子宝にも恵まれる。しかし、その幸せも束の間、がんの再発が発覚。余命を覚悟した千恵は、幼い娘のはなに母の味である味噌汁作りを教え始める。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:阿久根知昭
原作:安武信吾

キャスト

安武千恵:広末涼子
安武信吾:滝藤賢一
松永志保:一青窈
吉村奈津子:紺野まひる
片桐医師:原田貴和子
吉田由布子:春風ひとみ
吉田由季:遼河はるひ
安武はな:赤松えみな
松永和則:平泉成
松永喜美子:木村理恵

安武信義:北見敏之
安武美登里:高畑淳子
加山医師:鶴見辰吾
松尾陽一:赤井英和
伊藤源十:古谷一行

はなちゃんのみそ汁の画像