光のノスタルジア

光のノスタルジア

ヒカリノノスタルジア
NOSTALGIA DE LA LUZ

2015年10月10日(土)公開 / 上映時間:90分 / 製作:2010年(仏=独=チリ) / 配給:アップリンク

(C) Atacama Productions (Francia) Blinker Filmproducktion y WDR (Alemania), Cronomedia (Chile) 2010

解説 南米ドキュメンタリー界の巨匠として知られるパトリシオ・グスマン監督が2010年に発表した詩情あふれる1作。有名な天文観測所であるとともに政治犯の遺体が埋められた場所でもあるチリの砂漠を通して、生と死、宇宙と地球といったものの本質が自然と浮かびあがる。山形国際ドキュメンタリー映画祭最優秀賞をはじめ世界で絶賛された秀作だ。

ストーリー 南米チリにあるアタカマ砂漠。標高が高く空気も乾燥しているこの地は、各国から名だたる天文学者が訪れる世界的な天文観測の拠点となっている。その一方で、同地は独裁政権下で政治犯とみなされて捕われた人々の遺体が今も無数に眠っている土地でもあった。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:パトリシオ・グスマン

光のノスタルジアの画像