ブラック・レイン

ブラック・レイン

ブラックレイン
BLACK RAIN

[PG-12] / 製作:1989年(米)

解説 R・スコットが約59億円をかけ、M・ダグラスと高倉健の初競演と、アメリカ映画初の大阪ロケを実現させた入魂の力作。外国人が捉えた、大阪・歓楽街のネオンのきらめきと喧噪が妙。“バタ臭く“いつもとは一味違う“大阪“が興味深い。ニューヨーク市警のスゴ腕刑事ニックと相棒チャーリーは、殺人現行犯、佐藤を護送して、大阪空港に降り立った。だが、警察官を装った3人組に、まんまと佐藤を奪われ、ニックは腐り顔。松本警部補のもとにつき、佐藤追跡捜査に参加させてくれと頼み込む。そんな時、クラブ・ミヤコで殺人事件発生。犠牲者は偽警官の一人だった……。一匹狼の刑事ニックと、義理と人情に厚い松本。友情で結ばれる二人の刑事のドラマが主軸とはなるが、見ものはなんといっても悪役、佐藤に扮した松田優作。海外スターを向こうにまわし、ふてぶてしさの中にも狂気が光る演技で、立派に国際派スターとして器の大きさを見せた。しかし、この作品を最後に1989年11月6日、ガンで亡くなったのは、なんとも惜しまれる。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:リドリー・スコット
音楽:ハンス・ジマー

キャスト

ニック・コンクリン:マイケル・ダグラス
松本正博:高倉健
チャーリー・ヴィンセント:アンディ・ガルシア
佐藤浩史:松田優作
ジョイス:ケイト・キャプショー
菅井:若山富三郎
大橋:神山繁
梨田:内田裕也

ブラック・レインの画像