太平洋ひとりぼっち

タイヘイヨウヒトリボッチ

上映時間:97分 / 製作:1963年(日本) / 配給:日活=石原プロ

解説 1962年の夏、弱冠22歳の一人の青年が、小型ヨットを駆って94日間の太平洋横断を成功させた。その青年・堀江謙一の、日記風の同名の手記を原作にして、市川崑が演出した青春冒険映画。無風状態の大阪湾内を1日半も迷走した“マーメイド号“は一転してシケで大荒れの海原で悪戦苦闘する。やっと太平洋に出たと思えば今度は台風。やがて水は腐り、食料も不足気味になり、体力も消耗し尽くす。しかし目指すサンフランシスコは目前に迫っていた。一人の青年が壮挙を成し遂げる様子を、スリルとユーモアで描く感動的作品。遠くに金門橋を見つけた時の狂わんばかりの歓喜が、観る者に深い感動を呼び起こさずにはおかない。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:市川崑

キャスト

青年:石原裕次郎
父:森雅之
母:田中絹代
妹:浅丘ルリ子
造船所の主人:大坂志郎