マイケル・チャップマン

マイケルチャップマン

ドキュメンタリー製作に従事したのち、カメラ・オペレーターに。ゴードン・ウィリスについてから、撮影監督として一本立ち。1970年代には「タクシードライバー」(1976)をはじめとする、マーティン・スコセッシ作品で名を揚げた。