亀井文夫

カメイフミオ

学生の頃、社会主義思想に関心を持ち、ソ連に渡航。レニングラード映画専門学校に学んだのち、1933年PCL入社。「上海 支那事変後方記録」(1938)、「戦ふ兵隊」(1939)など、社会派のドキュメンタリー映画作家として、優れた作品を残した。

亀井文夫の画像