吉村公三郎

ヨシムラコウサブロウ

1929年、松竹蒲田撮影所入社。島津保次郎の助監督を務めたのち、1934年、ナンセンス喜劇でデビュー。本格的第1作は、1939年の「女こそ家を守れ」だった。「暖流」(1939)で認められ、戦後、華族の没落を描いた傑作「安城家の舞踏会」(1947)を作り出した。