ジーン・ケリー

ジーンケリー

ダンサーとしてブロードウェイで活躍し、招かれてジュディ・ガーランドの相手役で映画デビュー。以後、1940?50年代にミュージカル・スターとしてヒットを飛ばす。「踊る大紐育」(1949)から監督業にも進出している。