DTPオペレーターが、PCもカラー写真もない異世界に技術革新もたらす新刊1巻

1

36

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 13 21
  • 2 シェア

山下180°原作による高羽もも「社畜DTPオペレーターの僕が異世界で技術革新してもいいですか?」1巻が、本日1月27日に発売された。

「社畜DTPオペレーターの僕が異世界で技術革新してもいいですか?」1巻

「社畜DTPオペレーターの僕が異世界で技術革新してもいいですか?」1巻

大きなサイズで見る

「社畜DTPオペレーターの僕が異世界で技術革新してもいいですか?」は、チラシやDMの制作などをするDTPオペレーターとして働いていた社畜男性・リヒトが異世界転生したことから始まる物語。リヒトは転生者なのにチート能力を持たないことから「アンギフテッド」と呼ばれていた。そんな彼の隠された能力が、味はいいのに客が来ないことで困っている食堂に出会ったことから開花。前世のDTP技術を魔法で再現できる能力が、パソコンもカラー写真もない世界に技術革新をもたらす。同作は竹書房のWebマンガサイト・ストーリアダッシュで連載中。

読者の反応

  • 1

コミックナタリー @comic_natalie

DTPオペレーターが、PCもカラー写真もない異世界に技術革新もたらす新刊1巻
https://t.co/jcB9AoDg8A https://t.co/Hjx7fK9zyR

コメントを読む(1件)

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。