コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

コメント書けるWEB誌「ぽこぽこ」に志村貴子、明日美子ら

462

※3/16追記:リリース日が4月14日に延期となりました。

太田出版が3月17日に開設する新しいWEBマガジン「ぽこぽこ」のラインナップが発表された。以前より告知されていた古屋兎丸「ライチ☆光クラブ」の新作「ぼくらの☆ひかりクラブ」に加え、志村貴子中村明日美子押切蓮介、岡田屋鉄蔵、FSc、長嶋有が執筆する。

志村が連載するのは歌劇学校に通う女の子たちの青春群像劇で、1話ごとに主人公を変えて描くオムニバスシリーズだ。また明日美子は、とある異国に生まれた双子の少年を描くフルカラー読み切り「アードルテとアーダルテ」で登場。

さらに押切はCONTINUE(太田出版)にて連載していたゲームエッセイの続編「ピコピコ少年TURBO」、岡田屋は春画絵師を描く江戸娯楽時代劇「ひらひら~国芳一門浮世譚~」、FScは異界に触れることができる少年が結成したその世界の住人の手助けをするクラブを描く「クレアボヤンス」を連載する。

芥川賞・大江賞作家の長嶋有は、自身初となるマンガ連載に挑戦。絵が描けなくてもマンガが描けるPCソフト「コミPo!」を使用し、「フキンシンちゃん」を描く。このほかにも参加作家が発表される予定なので、続報を楽しみに待とう。

「ぽこぽこ」最大の特徴は、作品の好きな位置に読者がコメントを書き込める「フキダシコメント投稿システム」。投稿されたメッセージはスタッフによる審査を経たのち、フキダシとなりサイトに反映される。コンテンツの閲覧に料金は掛からない。

現在「ぽこぽこ」では、本格オープン前のモニターを募集中。3月10日から16日までの1週間、「ぽこぽこ」を利用して使用感を報告する。希望者は、ent@ohtabooks.comまで、件名を「ぽこぽこモニター募集係」をとし、本文に氏名、年齢、性別、職業、PCメールアドレスを記入して応募してほしい。定員は先着500名。

コミックナタリーをフォロー