“一夫多妻”をテーマにした異色ラブコメ「ハレ婚。」ドラマ化!2022年1月放送開始

2418

NON「ハレ婚。」のTVドラマ化が決定した。2022年1月よりABCテレビ「ドラマ+」枠にて放送される。

「ハレ婚。」イラスト。(c)NON/講談社

「ハレ婚。」イラスト。(c)NON/講談社

大きなサイズで見る(全3件)

2014年にヤングマガジン(講談社)で連載開始された「ハレ婚。」は、過疎化や少子化対策のために“一夫多妻(ハレ婚)”を取り入れた地方都市を舞台にした物語。夫1人につき4人まで妻を持つことができるその街で、複雑な結婚生活を営むことになった主人公・小春と夫の龍之介、ほかの2人の妻との日々が描かれる。単行本は全19巻が刊行中だ。

ドラマでメイン監督を務めるのは、ドラマ「ゆるキャン△」シリーズなどを手がけた二宮崇。また脚本・監督は山田佳奈、松嵜由衣が担当する。NONはドラマ化について「『ハーレムネタを楽しめる女性視聴者がいるのか…?』と長年ドラマ化を避けられてきた『ハレ婚。』がついに…!それも企画を持ってきて下さったのは『ハレ婚。』愛の熱い女性製作陣の方たちでした。時代が大きく変わったのを感じています」とコメントを寄せた。なお番組では、ライブ配信サービス・SHOWROOMを使った出演者の公開オーディションを実施。詳細は公式サイトにて確認を。

NONコメント

「ハーレムネタを楽しめる女性視聴者がいるのか…?」と長年ドラマ化を避けられてきた『ハレ婚。』がついに…!
それも企画を持ってきて下さったのは『ハレ婚。』愛の熱い女性製作陣の方たちでした。
時代が大きく変わったのを感じています。
新しい『ハレ婚。』の誕生をいちファンのつもりで楽しみにしています!

二宮崇(監督)コメント

人気の作品でもあるのでプレッシャーも感じておりますが「一夫多妻制の家族の物語」という奇抜な設定の裏にある「愛とは?」「家族とは?」その深い部分を連続ドラマとして描いていこうと思います。
プロデューサー陣、脚本、僕以外の監督は女性の方々で黒一点の私ですが、実写ならではの魅力を伝えつつも皆さんに愛されるキャラクターをスタッフ、キャストと共に作ります。
楽しみに待っていてください。

山田佳奈(脚本&監督)コメント

お話を頂いて原作漫画を拝見したときに、「うわっ!こんな面白くて泣ける漫画知らなかった!連載時に知っておきたかったなぁ」と思ったのを覚えています。
原作の世界観を損なわずに、ドラマ化を通してより多くの方に届きますように。
“推しがいる事が尊い”現代で、「誰推し?」なんて話題ができる作品になるのではないかなと、今から楽しみです。

この記事の画像(全3件)

TVドラマ「ハレ婚。」

ABCテレビ(関西):2022年1月より毎週日曜日23:55~
テレビ神奈川:2022年1月より毎週火曜日23:00~

スタッフ

原作:NON(構成:手塚だい)『ハレ婚。』(講談社「ヤンマガKC」刊)
脚本:山田佳奈
演出:二宮崇、山田佳奈、松嵜由衣
プロデューサー:中田陽子、松本太一、矢ノ口真実(The icon)
制作協力:The icon
制作著作:ABC

全文を表示

関連する特集・インタビュー

関連記事

NONのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 NON / 二宮崇 / 山田佳奈 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。