「月とライカと吸血姫」TVアニメ化!林原めぐみが宇宙を目指す吸血鬼の少女演じる

624

牧野圭祐による小説「月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)」のTVアニメ化が決定。併せてキャスト、スタッフ、ティザービジュアル、ティザーPVが一挙に解禁された。

TVアニメ「月とライカと吸血姫」ティザービジュアル

TVアニメ「月とライカと吸血姫」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全11件)

「月とライカと吸血姫」は、架空の超大国間の宇宙開発競争の最中、有人飛行実験のために連れられた吸血鬼の少女と、ある理由から宇宙飛行士候補を落第した青年の2人が、ともに宇宙を目指していく物語。ガガガ文庫から2016年12月より刊行されており、最新6巻が明日3月18日に発売予定だ。

TVアニメ「月とライカと吸血姫」ティザーPVより。

TVアニメ「月とライカと吸血姫」ティザーPVより。[拡大]

2021年放送予定のTVアニメでは、宇宙飛行の実験体となる主人公の吸血鬼の少女イリナ・ルミネスク役に林原めぐみ、その彼女を訓練する宇宙飛行士候補生の青年レフ・レプス役に内山昂輝が決定。さらに、レフと人間史上初の宇宙飛行士の座を懸けて争うミハイル・ヤシン、ローザ・プレヴィツカヤをそれぞれ日野聡小松未可子が演じる。空軍医学研究所所属の研究員アーニャ・シモニャン役には木野日菜がキャスティングされた。林原がナレーションを務めたティザーPVには今回キャストが発表された5人の姿も収められている。

TVアニメ「月とライカと吸血姫」ティザーPVより。

TVアニメ「月とライカと吸血姫」ティザーPVより。[拡大]

制作を担当するのは「モンスター娘のお医者さん」などで知られるアルボアニメーション。監督を横山彰利、シリーズ構成を牧野圭祐、キャラクターデザインを加藤裕美、美術監督を金子雄司が務める。

さらに、3月27日にはオンラインイベント「AnimeJapan 2021」内で「月とライカと吸血姫」のステージを開催。内山、日野、小松、木野のキャスト4人が登壇し、作品の最新情報をいち早く届ける。イベントの視聴チケットは現在販売中。詳細は「AnimeJapan 2021」の公式サイトで確認を。

この記事の画像・動画(全11件)

TVアニメ「月とライカと吸血姫」

2021年放送予定

スタッフ

原作:牧野圭祐「月とライカと吸血姫」(小学館ガガガ文庫刊)
キャラクター原案:かれい
監督:横山彰利
シリーズ構成:牧野圭祐
キャラクターデザイン:加藤裕美
美術監督:金子雄司
制作:アルボアニメーション

キャスト

イリナ・ルミネスク:林原めぐみ
レフ・レプス:内山昂輝
ミハイル・ヤシン:日野聡
ローザ・プレヴィツカヤ:小松未可子
アーニャ・シモニャン:木野日菜

全文を表示

関連記事

かれいのほかの記事

リンク

関連商品

(c)牧野圭祐・小学館/「月とライカと吸血姫」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 かれい / 林原めぐみ / 内山昂輝 / 日野聡 / 小松未可子 / 木野日菜 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。