「銀魂 THE FINAL」杉田智和が15年の思いを語る、釘宮理恵はピュアだった自分に謝罪

655

空知英秋原作による劇場アニメ「銀魂 THE FINAL」の公開記念舞台挨拶が、本日1月9日に東京・新宿バルト9で開催された。

劇場アニメ「銀魂 THE FINAL」公開記念舞台挨拶の様子。

劇場アニメ「銀魂 THE FINAL」公開記念舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全5件)

イベントには坂田銀時役の杉田智和、志村新八役の阪口大助、神楽役の釘宮理恵、定春役の高橋美佳子、近藤勲役の千葉進歩、土方十四郎役の中井和哉、沖田総悟役の鈴村健一、桂小太郎役の石田彰、マダオこと長谷川泰三役の立木文彦宮脇千鶴監督が参加。キャスト陣は袴や晴れ着、タキシードなど華やかな衣装を身にまとい、金屏風が立てられたステージに登壇する。杉田は役名にちなみ銀色の羽織袴を披露し、エリザベスは今年の干支が丑年であることから牛柄に変身。全員で「明けましておめでとうございます!」と新年の挨拶を行い、賑やかにイベントがスタートした。

劇場アニメ「銀魂 THE FINAL」ポスタービジュアル

劇場アニメ「銀魂 THE FINAL」ポスタービジュアル[拡大]

“THE FINAL”と銘打たれた同作について、杉田は「15年やってきた集大成が込められている」とコメント。音楽やCGなど脈々と受け継がれてきたスタッフのクリエイティブに言及し、「継ぎ足していった秘伝のタレのように、僕らの芝居もそうなっているとうれしい」と噛みしめるように語る。阪口は「過去のTVシリーズのエンディングが取り入れられていたり、15年続けてきたものがこういう形になるんだな」と感慨深げ。

釘宮は「楽曲とアクションがマッチして展開が高まっていくところが胸にグッときて、ずっと応援してくださっていたみなさんも絶対高まってくれるなと思いました」と話す。高橋はTVシリーズの最後に定春がどうなるのかが気になっていたそうで、「今回映画に出てきているというだけで感無量でした!」と笑顔を見せた。

千葉は「高杉のあまり見たことのないシーンがあって、いち視聴者として観たときにすごくいいシーンがあった」と、今回のキーパーソンの1人である高杉晋助に言及。中井は「新八がゲロを踏むシーンのリアルな効果音にグッとくるものがありました」と笑わせ、鈴村は「沖田はいつも大体悪いときにバズーカを使ってきたけど、今回初めて“正しいバズーカの使い方”をしています!」とアピールした。

石田は「銀時、高杉、桂の1人が反目し合いながらも底のほうで繋がっている、絆のようなものが描かれていて、すごくいい話」としみじみ。しかし「そこは『銀魂』なので、いい話だけで終わらないのは皆さんのご期待の通りです! 心の中で『桂、しつこいよ!』とツッコミながら観ていただきたい」と続けた。また立木は「長谷川は『銀魂』の世界ではボコボコにされているので、それがうれしいです。これからまた何かあるとしたら、ずっとボコボコでお願いします!」と述べる。

宮脇監督は制作現場よりも「むしろ今最大の試練を迎えています!」と緊張を隠せない様子。キャスト陣から口々に「がんばってー!」と声援が送られる中、「大変なことはたくさんありましたが、そのたびに周りの皆さんが助けてくださり、キャストの皆さんも励ましてくださって、ここまでたどり着けて本当によかったと思っています」と感謝を述べた。

ここからはキャスト陣が15年を振り返り、「今だから言える『ごめんなさい』『ありがとう』」というエピソードを披露するコーナーへ。杉田はTVシリーズで「千の風になって」をうろ覚えで歌うシーンを取り上げ、「真面目に歌わなくてごめんなさい。でもあれは台本に『うろ覚えで歌えなくなる』って書いてあったんです! スタッフの皆さんありがとう、ふざけんな!」と叫ぶ。釘宮は「最初は下ネタなんて絶対言いたくなかったのに、どんな汚い言葉も台本にあればさらりとつぶやけるようになった」と言い、自分自身に「ピュアな時代の釘宮さん、ごめんなさい!」と謝罪。立木は「嘘偽りなく、『銀魂』声優メンバーが一番好きで、いつ会っても優しくしてくれて、このメンバーが日本一! 本当にありがとうございました!」と共演者たちに感謝の気持ちを述べた。

この後はシークレットゲストとして、神威を演じる日野聡からのメッセージが公開に。メッセージは神威の声で「地球の飯はうまいなあ!」と始まり、「(舞台挨拶に神威を)呼ばなかった偉い人、殺しちゃうぞ」と神威のセリフを思わせる言葉も登場する。最後には日野自身として「心はいつでも銀魂でいっぱい! 最後の銀魂、たっぷりとお楽しみください!」と締めくくった。

終盤には原作者・空知からの手紙を釘宮が代読。“THE FINAL”であることを惜しむしんみりとした雰囲気で始まるも、最後は笑い満載の空知らしい文章で締めくくられた。最後に宮脇監督は「この映画が、これから長く皆さんに観られるようになってほしい」とファンにメッセージ。杉田は「アニメはいったんファイナルだけど、作品は残り続けるし、これから未来に向かって進んでいくはず」と語り、イベントは幕を閉じた。

空知英秋の手紙

とうとうこの日が来てしまいましたね。
幾度も終わる終わる詐欺を繰り広げて来たこのアニメも、間もなく本当の終わりの時を迎えます。心の準備はできたでしょうか。
泣いてサヨナラするのも、笑ってサヨナラするのも自由。
みなさんそれぞれの、らしいと思うやり方で、
彼等、彼女等との最後の逢瀬、楽しんでもらえたらと思います。
え?僕ですか?僕は……多分泣いちゃうでしょうね。
心待ちにしつつも、この日が来なければいい、そう思ってもいたから。
……けど涙を拭いて、きっとこう言うと思う。

さらば、シンジ、レイ、アスカ。
さらば、全てのエヴァンゲリオン!
シン・エヴァンゲリオン劇場版1月23日ロードショー!!
みんなぜってー観に行こうな!!

……え?違う?「あんの」じゃなくて、「あほの」ひであきの方の奴?
いやでもどっちのひであきも終わる詐欺やってるけど。
すみません、そっちの方の奴は特に言う事ないです。
多分ひであきのあほの仲間たちが、全部映画にぶち込んでくれているので。
なので僕らは、銀魂は、サヨナラも言わなくていいですよね。

きっとまたいつかどこかで。
ありがとうきびうんこ。

あほのひであき

この記事の画像・動画(全5件)

関連記事

空知英秋のほかの記事

リンク

(c)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 空知英秋 / 杉田智和 / 阪口大助 / 釘宮理恵 / 高橋美佳子 / 千葉進歩 / 中井和哉 / 鈴村健一 / 日野聡 / 石田彰 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。