「捨てられた皇妃」4巻と小説版1巻が同時発売、挿絵は「ぼくはか」亜樹新が担当

95

Yuna原作によるiNA「捨てられた皇妃」4巻と、原作者・Yunaが自ら執筆した小説版1巻が本日8月5日に同時発売された。小説版のイラストは「ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。」で知られる亜樹新が手がけている。

「ノベル 捨てられた皇妃」1巻

「ノベル 捨てられた皇妃」1巻

大きなサイズで見る(全3件)

「捨てられた皇妃」は、未来の皇后として育てられるも異世界からやってきた少女・美優にその座を奪われ、反逆罪で処刑されてしまったヒロイン・アリスティアの物語。命を落としたはずのアリスティアは、目覚めると9歳の姿になっており、時間が巻き戻っていることに気が付く。やり直しの機会を得た彼女は、自らの運命を切り開くことに奮闘する。同作はピッコマにて連載中。

この記事の画像(全3件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 iNA / 亜樹新 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。