「三つ目がとおる」を石田敦子がアレンジ、手塚治虫作品の翻案2作も同時収録

324

手塚治虫「三つ目がとおる」を原作とする石田敦子「三つ目がわらう」の単行本が、本日6月16日に発売された。

「三つ目がわらう」(帯あり)

「三つ目がわらう」(帯あり)

大きなサイズで見る(全3件)

「三つ目がわらう」の主人公・写楽保介はいつも額に“バンソーコ”を貼っている、ちょっと変わった中学2年生。クラスメイトからいじめの標的にされては、幼なじみの同級生・和登千代子に守られていた写楽だったが、ある日クラスメイトが写楽のバンソーコを、悪意を持ってはがしてしまう。するとバンソーコの下から第3の目が現れて、学校を怪異で包み……。テヅコミ(マイクロマガジン社)で連載された。単行本には同じくテヅコミで発表された、「るんは風の中」の翻案「初恋は風の中」と、「ばるぼら」を翻案した「ばるぼラ」という読み切り2編も収録されている。

この記事の画像(全3件)

石田敦子のほかの記事

リンク

関連商品

(c)TEZUKA PRODUCTIONS Produced by MICRO MAGAZINE

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 石田敦子 / 手塚治虫 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。