「星守る犬」の村上たかし、新連載は人間とAIの絆を描く物語「ピノ:PINO」

50

村上たかしの新連載「ピノ:PINO」が、本日6月2日発売の漫画アクション12号(双葉社)でスタートした。

「ピノ:PINO」より。

「ピノ:PINO」より。

大きなサイズで見る(全7件)

物語は製薬会社に務めるハナが、遠く離れた研究施設で単身活動を続けるAI搭載ロボット・ピノと、定時連絡を取る場面から始まる。プログラムに従って、新薬開発の実験に使われる動物たちを世話し続けるピノ。しかしある出来事をきっかけに、ピノに起こるはずのない変化が訪れて……。「星守る犬」「コタおいで」の村上が近未来を舞台に描く、人間とAIの絆の物語に注目だ。

そのほか今号では、仙道ますみ「リベンジH」が完結。単行本の最終12巻は7月28日に発売される。また月刊アクションより、RENA「本橋兄弟」の読み切りが出張掲載された。

この記事の画像(全7件)

村上たかしのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 村上たかし / 仙道ますみ / RENA の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。