「クマとたぬき」作者の新連載、孤独に生きてきたクマとカラスの友情物語

1591

「クマとたぬき」などを手がける帆(ほ)の新連載「クマとカラス」が、文藝春秋のコミックエッセイルームでスタートした。

「クマとカラス」メインビジュアル

「クマとカラス」メインビジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

本作は日本のどこかの森で暮らす若いクマと、都会育ちのカラスが出会うところから始まる物語。森で孤独に過ごしてきたクマは、自分がツキノワグマであることをカラスに言われて初めて知る。おっとりしたクマと、おしゃべりなカラスの心温まる旅が綴られていく。

この記事の画像(全4件)

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。